ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画嫌いの私が50回近くも映画館に通った理由―キンプリと私

1.出会い
KING OF PRISM by PrettyRhythm(以下キンプリ)との出会いは、Twitterのフォロワーさんを通じてだった。
1月のある日、彼女は遠路はるばる岡山から私の住む広島まで映画を観に来ており、その後に私とオフ会をすることになっていた。
私が彼女に「なんの映画を観たんですか?」と尋ねると「KING OF PRISMというアニメで、女児向けアニメのスピンオフで男性キャラ主体の作品です」といった説明が返ってきた。
"女児向けアニメ"、"男性キャラ主体の作品"、いずれも私の興味の範囲外の単語だったのでその時は聞き流していた。

2.興味
それからしばらくして、その作品―キンプリの情報をTwitterでチラチラと目にするようになった。
『ああ、彼女が言っていた作品だ』
うっすらと蓄積されていく情報に少しずつ興味を引かれながらも、まだそれは私の興味の範囲外の出来事でしかなかった。
2月中旬、再度そのフォロワーさんに会い、キンプリの話題になった。
彼女の熱を帯びた説明、ネット上に錯綜する"空から剣が降ってきて""EZ do danceが流れる中、龍が舞って腹筋が割れる""尻から蜂蜜""電車に乗ってハリウッドに行って星座になる"などという意味の解らないワードがまぎれもない真実であることが彼女の口から語られる。
これはこの目で確かめなくては…と興味を持つに至ったのはこの時であった。

3.邂逅
かくして、2月下旬、私はキンプリの通常上映を観に、普段は全くと言っていいほど縁がない映画館にいた。
まず、キャラクターのメッセージが流れる。どうやら劇場でスタッフさんに渡された投票用紙でキャラクターに投票することができるらしい。
作中の登場人物と思しきキャラクターがグイグイと自己PRをしてくる。

完全にアウェイな雰囲気である。

来るところを間違ったかな…と思っているとメッセージが終わり、本編の映像が流れ始めた。
楽し気な音楽に乗って歌い踊るアイドルのような三人組。
「へぇ~これがプリズムショーっていうのかぁ」
主人公の少年が目を輝かせて言う。
ああ、この主人公の目線で見ればいいのか。これはプリズムショーというものなのだなと私は思う。

すると、ステージの上のアイドルの一人がまるで必殺技のようなものを繰り出した。
「キュンキュンキュン~♡」
主人公はその技を受け、なぜか全裸に。
そしてさらに他のキャラも技を繰り出し、その技が主人公と私を圧倒していく。

と、思った瞬間、場面は切り替わり、自転車の二人乗りをした男女(女性の顔はぼかされている)が現れた。
女性キャラに甘いセリフをささやく男性キャラ。女性のセリフは音声ではなくなぜか文字で表示されている。
これは視聴者側に読めということか。そういえば応援上映でアフレコOKとかそういった情報もあったなぁ。
うわぁなんだか場違いなところに来てしまったぞ…と思いつつ耐える。
3人の男性アイドルがそれぞれの二人乗りを披露した後、E.T.よろしく自転車ごと空を飛んでいく。
そして、極めつけの一言。
「公道での二人乗りは禁止だよ♡」

ブフーッ

散々二人乗りしていてこのセリフである。この辺りから笑いを堪えるのが辛くなってもう限界を迎えていた。
開始からわずか5分程度の出来事である。

「な、なんだこれは~!!」
と叫ぶ主人公。全く同意しかない。

完全にその世界観に圧倒された。
私と同じく圧倒された主人公はプリズムショーを行うスタァになるべく専用の学校に通うことになる…という話らしい。

その後は原作の回想などを交えつつストーリーが進んでいくのだが、"空から剣が降ってきて""EZ do danceが流れる中、龍が舞って腹筋が割れる""尻から蜂蜜""電車に乗ってハリウッドに行って星座になる"という事前情報がすべて現実になっていって正直何がなんだか分からないまま初めての鑑賞は終わった。

4.沼への一歩を
自分が観たものはいったい何だったのか、いや、確かになんだかすごいものを観た。
とにかく情報量が多かった。面白かったか否かを問われれば、面白かったと思う。いや、解らないが、とにかく頬の肉が痛いということは私はずっと笑っていたのだろう。
「プリズムショーはみんなを笑顔にするんだ」
と作中のキャラクターが言うが、まさに私は上映中ずっと笑顔だった。
だが、2回目はないなと思ったのだ。思ったはずだった。
その日、帰宅した私は、キンプリを観た人のレポートを読み漁り、応援上映という形態に興味を持ち、一度試してみるのも楽しそうだなと思ったのだ。そして、少しの予習をし、ペンライトを用意し、次の視聴に挑んだのだった。

5.応援上映
応援上映、予習して挑んだはずだったが、映画につきものの予告CMから応援が始まるなんて知らなかった。
私はもう、上映前から腹筋が死亡していた。
映画泥棒の映像に合わせて赤いペンライトを振る観客、という異様な光景は私に衝撃を与えた。

上手く応援できるのかとか、キャラクターの名前もそれぞれのテーマカラーもろくに覚えてない、なによりペンライトは3色しか持っていないとかそういったことを気にしていたが、それは杞憂だった。
その場のノリが楽しすぎて、もうどうでもよかった。
またこの応援上映に参加したいと思った。
そして、実際に参加するにつれ、参加者の練度が上がり、また他の地域から伝わった応援などが加わったりし、応援上映そのものが進化していく過程が面白かった。

6.笑いから感動へ
何度も応援上映を楽しむうちに、作品についてもっと知りたくなった。
原作のプリティーリズム・レインボーライブから男性キャラ主体の話を抜き取ったDVDを観て理解は少し深まったが、それでも足りないと思い、某動画サイトの公式配信で原作のすべての話を視聴した。
それは、私が想像していた"女児向けアニメ"とは程遠い人間ドラマで、より深くキンプリでの人間関係が理解でき、笑える楽しい映画から一歩進んで、感動できる映画へと私の中で進化していった。
また、この作品を支えてきた初期からのファンや製作スタッフの熱い思い、興行収入がふるわず、一時は苦境に立たされたことなども私のこの作品への想いを変えていった。

7.キンプリを観てください
私のように、"女児向けアニメ""男性キャラ主体のスピンオフ"というキーワードで、この作品を敬遠している人がいるとしたら、それはもったいないことだと思う。
キンプリは全年齢、男女問わず楽しめるエンターテインメントだと思う。
詰め込みすぎとも言えるが一切の無駄がない構成。懐かしい小室ソングがまるでキャラクターソングのように流れるところ。ぶっ飛んだショーの演出。少年漫画のバトルのような展開。友情と別れ。
実は王道のストーリー。それがキンプリなのだ。

まるでGガンダムの石破ラブラブ天驚拳を延々と喰らい続けるような濃い演出は人を選ぶのは分かっているが、それでも、やはり一度観て体験してほしい。
この作品を作った人たちの情熱を肌で感じてほしい。

続編制作が決定した今からなら間に合う。
キンプリからでもプリティーリズム・レインボーライブからでもいい、キンプリを観てください。
スポンサーサイト

くそったれな

年賀状の印刷をミスって、予備の年賀状の印刷もミスってしまった。

ためいきをついて、追加の年賀状を買いに街に出る。

年末の日曜日の雑踏。クリスマス前でにぎやかな大通り。
目的の店に近づくにつれて、なにやら大きな声が響いているのに気づく。
選挙活動の時期ではないはずだが、内容は政治に関することのようだ。
どんどん大きくなる声、歩道の真ん中で拡声器で叫ぶおっさんが一人。
皆、おっさんを避けて通る。その中には「うるさいなぁ」と愚痴る声も混じっていた。

おっさんはとにかくうるさかった。
うるさいだけでもかなり不快だったのだが、
政治への不満を訴える中で、特定の人達へ差別と偏見に満ちた意見を述べていた。
私はおっさんを金属バットでぶん殴りたい気持ちになったが、心を無にして目的の店に入った。

混雑した店の中、大行列のレジに並び、年賀状を買って店を出る。
まだ、おっさんの大声が響いている。

おっさんの近くに行きたくないので、普段と違う道を通ろうとしたときだった。
私が通ろうとした歩道―おっさんのちょうど斜め向かいの歩道に、学生服を着た少年たちが並んで立っていた。
彼らはこの寒空の下、拡声器も持たず、「募金をお願いします!!」と懸命に叫んでいる。
おっさんの不快な叫びに掻き消されそうになりながらも、彼らは必死に叫んでいた。
私はまたおっさんをぶん殴りたくなった。

私は財布から気持ちばかりの小銭を出して募金をした。
決して心からの善意とは言えない、くそったれな気持ちが混じった募金だった。
おっさんを避けて通らなければ彼らに気づかなかったろう。

うるさいおっさんがわめいていると通報すれば、警察は動いてくれただろうか?
ただ、くそったれなことに私は今日に限って携帯を忘れていた。
くそったれな気持ちで帰途につく。
おっさんをぶん殴れば、このくそったれな気持ちは収まるだろうか?
ただ、くそったれなことに私は金属バットを持っていない。

くそったれな気持ちでした募金は、ちゃんと貧しい人の役に立ってくれるだろうか。
くそったれな気持ちで、なにもできない私はこの文章を書き殴るしかなかった。

短編小説「喝采」

いつものように救急患者が搬送されてきた。
交通事故で意識不明の重体女性。運転手の男性は即死。
連絡を受けた僕はオペ室に入った瞬間、頭が真っ白になった。
「血の気が引く」というのはこういうことをいうのだろう。
オペ室の中央のベッドに横たわっていたのは、十数年前に僕が密かに想いをよせていた女性だった。

昔と名字が違っていたから、運転手の男性は旦那だったのだろう。
当時の想い出が走馬灯のようにかけめぐる。
だけど、僕は救命病棟の医師として、この目の前の患者を助けなければならない。
絶望的な状況、意識を取り戻したとしても、おそらく元のような健康体ではいられないだろう。
かつての想い出も、彼女への気持ちも、全てを意識の外に追い出して、
ただただ無心に僕は僕の仕事をこなした。



淡々と死因を説明する僕と、初めて見た彼女の両親。
霊安室から患者を送りだし、僕は病棟に戻る。
手は尽くした。でも、助けられなかった。



「なぁ」
電子カルテに向かって忙しそうにしている同僚に声をかける。
「なんだっけ、ちあきなおみの有名な…」
「喝采だろ?なんだよ、急に」
同僚が訝しんだ表情でちらりと僕を見る。
「いやあ、最近物忘れがひどくってな。年だな、俺も」
そう言って僕は笑った。
いつも患者にするような作り笑顔で。






---
この歌をイメージして書きました。

ちあきなおみ『喝采』
歌詞(うたまっぷ)
http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=31703

「団地ともお25集」感想

団地ともお 25 (ビッグコミックス)団地ともお 25 (ビッグコミックス)
(2015/03/30)
小田 扉

商品詳細を見る


全体的にSF(少し不思議)テイストが強めな新刊でした。
ホワイトボードが欲しくなる巻。
---
虫カードのルール、意外に複雑。面白そうですね。

「聞くんじゃなくて感じるみたいだともお」「テニスにおけるチャレンジだなともお」「木から落ちた猿こそ進化するぞともお」「道は違えど目的地は一緒だぞともお」の話の展開のさせ方が好きです。
話はずれますが、「道は違えど目的地は一緒だぞともお」の鉛筆倒しは『たわし』に倒れたらどうなるんでしょうね。考えたら可笑しくてしょうがなかったです。

「団地・ド・鬼だぞともお」の終わり方がかなり好きです。小田扉先生のこういう話にめっぽう弱いです。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ「団地ともお」第68回

・駄菓子折で礼を尽くすともお
前回、原作からの改変に批判的な感じで感想を書きましたが、今回の改変はかなり面白かったです。
原作では、ともおと隣町の男子が揉めた原因は別の話にあり、度胸試しは犬のうんこに顔を近づけるというものでした。
二つを上手く変え、カードゲームと鎌倉旅行という追加要素が加わっています。
「尻裂け幕府」に爆笑。
あと、最後の感動系BGMが途切れるところも爆笑ものでした。

・校長先生に訓示だともお
校長先生の声はチョーさん!
かなり好きな話なのでアニメでも見れてよかったです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。