ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編小説「喝采」

いつものように救急患者が搬送されてきた。
交通事故で意識不明の重体女性。運転手の男性は即死。
連絡を受けた僕はオペ室に入った瞬間、頭が真っ白になった。
「血の気が引く」というのはこういうことをいうのだろう。
オペ室の中央のベッドに横たわっていたのは、十数年前に僕が密かに想いをよせていた女性だった。

昔と名字が違っていたから、運転手の男性は旦那だったのだろう。
当時の想い出が走馬灯のようにかけめぐる。
だけど、僕は救命病棟の医師として、この目の前の患者を助けなければならない。
絶望的な状況、意識を取り戻したとしても、おそらく元のような健康体ではいられないだろう。
かつての想い出も、彼女への気持ちも、全てを意識の外に追い出して、
ただただ無心に僕は僕の仕事をこなした。



淡々と死因を説明する僕と、初めて見た彼女の両親。
霊安室から患者を送りだし、僕は病棟に戻る。
手は尽くした。でも、助けられなかった。



「なぁ」
電子カルテに向かって忙しそうにしている同僚に声をかける。
「なんだっけ、ちあきなおみの有名な…」
「喝采だろ?なんだよ、急に」
同僚が訝しんだ表情でちらりと僕を見る。
「いやあ、最近物忘れがひどくってな。年だな、俺も」
そう言って僕は笑った。
いつも患者にするような作り笑顔で。






---
この歌をイメージして書きました。

ちあきなおみ『喝采』
歌詞(うたまっぷ)
http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=31703
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。