ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シブ知にあこがれる

文章が上手い人の日記を読む。
ネットなどで小説を公開している人らしい。その人の小説を読んだことはないが、なんとなく日記に興味を引かれて読む。

何気ない日常の記述なのにカッコイイ。スマートかつスタイリッシュ。こんな風に、渋くて知的な文章を書ければいいのになぁと、うらやましくなる。


私が同じ内容について書いたとしても、渋くかっこよく書ける気がしない。せいぜい読んだ人に渋い顔をされるのが関の山だ。


餅は餅屋。とりあえずマイペースに行こうと思う。
スポンサーサイト

セクシー熟女

なんか18禁サイトみたいなタイトルになってしまったが…。

帰り道、電灯もまばらな暗い道を歩いていると、前方から真紅のドレスを着た妙齢の女性が歩いてきた。ノースリーブで肩の部分がかなり露出している。
派手な人だなぁと思ったが、ここは繁華街の近く。夜の蝶なお姉さま方が数多く居住しているので、派手な格好の方は珍しくはない。

が、そうは言ってもちょっと年齢が高すぎやしないか?と思いながらすれ違いざまに気づく。

露出度の高いドレスのお姉さまは、肌色っぽいシャツに赤いエプロンをつけたおばさまであった。


そうとは知らず、チラチラ見たりしてすみませんでした。

話題が古い:デス○ート映画化

今さらミーハーな話題に飛びついてみたり。

もう先週の話題になりつつありますが、デス○ートが映画化だそうですね。(参考:人気コミック「デ○ノート」実写映画化!主演は藤原○也/サンスポ.COM)

主人公役は藤原竜也。どちらかというとL(主人公の敵)の方が向いてるんじゃないかと思います。狂気を演じるのが抜群に上手い役者さんですからね。しかし、そうは言うものの、イメージ的にも技量的にも主人公でも納得のいく配役ではあります。

そういえば、新春の古畑スペシャルの第一夜で彼が犯人役をやっていたのですが、某所のテレビ番組実況所で彼の演技を見た方々が「実写デ○ノートの主役は藤原でいいんじゃね?」というスレッドで盛り上がっていました。
今思えばこの話題が盛り上がっていたのは、関係者の工作だったのかしら、というのは、深読みのしすぎでしょうか。ともあれ、このスレッド上ではあまり反論の声はあがってはいなかったようですし、私もなるほど!と思った記憶があるので、今回のデス○ートは順当な主役抜擢と言える気がします。

ここまで前フリ。

で、デス○ートのキャラクターには死神(情報元の画像参考)がいるわけですが、その配役が気になるところ。現時点では「CGで」という方向らしいです。
でも、せっかくなので是非、実写化して欲しい。
ビジュアル的に、爆笑問題の太田さんインパルスの板倉さんが、各所で適役と呼び声が高いのですが、いかがでしょう。

ていうか似すぎだろ。


追記(18:23):この記事を見た知人に「それよりくりぃむの有田だろ」と言われました。確かに!

なのに血液ドロドロ

週刊誌を読んでいたら、長○嶋監督の血液サラサラの秘訣が書いてあった。脳梗塞が再発しないように食事には気を遣っているそうだ。
読んでみるとこんな記述があった。


大好物の牛肉は週に一回だけ


私と私の友人たちは、月に一回すら危うい状況なのだが。体調管理による事情ではなく、経済的な事情で。

涙が止まらない。

メガネ、メガネ…

よく、メガネを外してどこにおいたか分からなくなる。
メガネがないと何が何やら全く分からない。

メガネを探しながら強く思う。


メガネを探すためのメガネが必要だということを!

俺色に染まれ

髪を切った。ついでに少しだけ染めた。
かなり久しぶりに染めるので、少しためらいもあり、地味目の茶色にした。

次の日、職場で「髪切った?」とタモリさんよろしく、いろんな人が聞いてきたが、誰も「髪染めた?」とは聞いてくれなかった。気づかれていないようだ。

髪を染めるのは結構大英断だったのに。さみしい。
元々地毛が茶色っぽい黒だったので、あまり変化が感じられなかったのが敗因か。

気づかれなかったことは、仕方がない。
しかし、結果、無駄に終わってしまったカラーリング代のことを思うと、ひたすらに悲しい。

シャンプー×シャンプー

髪を洗っていた。リンスをつけたはずなのだが、なぜか泡立つ。

ぼんやりしていたらリンスとシャンプーを間違ってしまったようだ。すぐにシャンプーを流し、リンスに手を伸ばす。

今度は間違えなかった。

もし、ずっとシャンプーとリンスを間違え続けていたら、永遠にシャンプーをし続けることになっていただろう。

終わらないシャンプー。

考えただけでゾッとし、じっと手をみる。
水でふやけてしわだらけになった手を。

新しいマウスの使用感

キーボードとマウスが里帰りしてしまいました(昨日の記事参照)。

今は、かわりのキーボードとマウスを使用しています。
キーボードは昔使っていたものなので、すぐに慣れたのですが、マウスは新品を購入したせいか、使用感に慣れません。

何か軽いのです。質量自体もですが、ポインタの動きが軽い気がします。

この尻軽マウスめ!!チャラチャラした色をしやがって!

という感じです。
色とか自分で選んでおいて、それはないよね。

キーボードでマウスを動かす

キーボードとマウスがご臨終しました。死因は不明です。事件の解決は困難をきわめ、本庁(NEC)の捜査員による捜査が開始される運びとなりました。

というわけで、昔使っていたパソコンのキーボードで更新です。マウスはなぜか昔のものも使用できない様子なので、キーボードオンリーの操作を課せられました。死ぬほど使い勝手が悪い。

というわけで、キーボードがマウスの動きをしてくれないのかと検索してみたのですが、ありました(下記参照)。意外と簡単に設定できるのですね。

・キーボードでマウスを動かす方法

少々使いにくいんですが、ないよりはずい分マシ。
でも、ブログの更新はちょっと向かないですね。
どういうわけか、キーボードのみの動作では記事作成時に一部コマンド(主にフォントいじり系、本文の入力画面上部のアイコン)がクリックできない。要するに、今までボタン一つでできたことが手間ひまかけないとできなくなったということです。例えば、フォント弄ったり、リンク貼ったり、画像をアップしたり、絵文字を使ったりね。
まぁ、フォント弄ったり顔文字使ったりはあまりしないし、いざとなればタグを直接入力すればいい話なのですよね。かなり面倒だけど。上のリンクを貼るのもいつもの倍の時間がかかりました。


こんな面倒じゃぁネットしたくなくなりますわな。
このブログの裏テーマはシンプルなのですが、しばらくの間、それがよりいっそう加速すると思います。画像なし!テキストのみ!旧時代!
と思ったのですが、やっぱりそうなったところであまり変わりがない気がします。元々ここは旧時代なブログなのですね。


今日の記事はマウスとキーボード買えよ、で済む話を長々と引き延ばした内容でした。とりあえずヤマ○電器に行ってきます。

美人OL

週刊誌などで、殺人事件の記事に「美人OL殺人事件」などと見出しがつくことがある。
実際に美人かどうか微妙でも「美人OL」と書くらしい。


美人になりたかったら早死にすればいいのだ。


ふむ、美人薄命とはこういうカラクリか。

昨日の記事について

閣下のことを書いたら過去最高のアクセス数になってしまいました。予想外のことに少々困惑しております。

そんな昨日の記事ですが、一部修正致しました。

修正しないと、このブログ自体がまるごと修正されそうな気がしたので。

こんなブログ修正してやるっ!とばかりにな。

今の「こんなブログ修正してやるっ!」というのは、ガン○ム(Ζ)のセリフのパロディです。因みにガ○ダムは1話も見たことがありません。博識な私。博識。はくしき。ひゃくしき。百式。百式な私。

今の「百式」というのはガン○ム(Ζ)にでてくるモビルスーツ(ガ○ダムなどの総称)と「博識」をひっかけたダジャレです。説得力がないとは思いますが、本当にガン○ムは1話も見たことがありません。

今日は昨日の記事に関してのお知らせのみ書くつもりだったのですが、何故かガン○ムの話ばかりになってしまいました。次回からは何事もなかったかのように普通の更新に戻ります。よろしくお願い致します。

大相撲解説:デーモン小暮閣下まとめ

興味深かったため、本日2回目の更新。

以下、本日の大相撲ゲスト解説者、デーモン閣下の言動のまとめです。
続きを読む

暖かい1月

暖かい気候ですね。三月並だそうで。
いやはや、先月、あまりの寒さに考えなしに暖房を使いすぎて、電気代が8000円を超えたのがウソのようです(本当にウソだったらいいのに)。
因みに通常の3倍です。シャアですか、私は。

今月は暖房代が少なめですみそうでなによりですが、せっかくバーゲンで冬物のお洋服を買ったのに、着ないまま春になりそうでもったいないです。

まぁ、どうせひきこもりがちだから、どっちにしても着ないまま春になりそうなのですが。

このまま冬眠よろしく、ひきこもっていてもよくないので、今度のお休みにはお出かけしようと思います。





漫画喫茶に。



結局ひきこもってるのと変わりないじゃないか。

プチ断食・結果

プチ断食(1/12の記事参照)の結果です。

・正月太り分の2キロ減量(そりゃ食べなきゃ痩せるわな)
・食欲減退(こってりしたものに食指が動かなくなりました)

体がリセットされた感じがしますね。
人によっては、肌つやも良くなったり便秘解消したりするらしいです。
ネットでプチ断食のレポートをいくつか見たのですが、だいたいこのような結果になるようです。

本断食あけの第一食目は胃への負担を考えて、おかゆを食べました。これが、かなりおいしく感じました。かゆ・・・うま…。

おかゆは無限大です。ビバ白米!

すごいニュース

夜勤から帰ってきたら、すごいニュースが。

産経ニュース:「母がフィギュアを買ってくれなかったから」 27歳無職男、自宅に放火

何をどうつっこんでいいのか分かりません。

まんが日本昔話

まんが日本昔話が放送されていますね。水曜日の18時55分~。
こういう過去の名作が再び放送されるというのは非常に良いことだと思います。
しかし、名作は名作なのですが、大人になって見てみると結構シュールでぶっとんだ展開が多くてびっくりしました。
ちからたろうとか垢からできてるもんな。

それは置いておいて、一昨日見ていたら、ちからたろうが明らかに「パンチ」って言ってました。
うっかり八兵衛(水戸黄門)の「黄門様ファイト!」に匹敵する衝撃。

八兵衛の方は八兵衛役の高橋元太郎さんの証言とトリビアの泉による検証で、「単なるウワサである」と判明したようですが(wiki参照)、ちからたろうは、この耳ではっきり聞いたので確かでしょう。

その他特筆すべきは、約10分で1話完結なので、しばしば展開がスピーディになること。かなりのジェットコースター展開です。各所から「ONE PIECEなら10巻は要するところを10分で!!」と驚嘆の声が湧いています。

様々な見所がある日本昔話ですが、昔と変わらず名作であることには違いありません。再び視聴できることに感謝したいと思います。

プチ断食

プチ断食中です。
プチ断食は、3日間(予備断食→本断食→復帰の3段階)にて行われます。
なるべく休日にやるべきとのことで、私は、夜勤明け→休み→夜勤入りの3日間を利用することにしました。

本日、本断食に入っています。専門家が勧めるやり方を無視している部分があるので、現時点で実質丸1日以上何も食べていません。(試したい方は、下記の参考サイトに忠実に実施されるようお勧め致します)

さすがに、乱暴にやりすぎなので、昨夜カップスープを、今朝ココア(砂糖なし)を飲みました。こんないい加減なやり方で本当に良い効果が得られるのでしょうか。単に自分を痛めつけているだけな気がしてきました。

断食のおかげで思考能力が低下しているのでこの辺で。


参考:プチ断食のすすめ


結果はこちら

誤帰属

考え事をしていたら、胃が痛くなってきた。
よっぽどストレスがたまっているんだなと思った。



スルメ一袋を貪り食べながらの出来事である。

クリック!

こたつでパソコンができるようにした。ねっころがってネットサーフィン。快適だが、まるで廃人だ。

うちのパソコンは光学式マウス(マウスの裏のコロコロがついてない赤外線のやつ)なので便利だ。どこでもマウスが動かせる。床でも膝の上でもOKだ。
近頃は、ねっころがったまま自分のお腹の上でマウスを動かしている。快適だが、まるでラッコだ。

FC2ブログでお送りしております

このブログはFC2ブログというブログサービスの提供でお送りしている。

このサービスの利用者がFC2ブログのトップページに飛ぶと、
ようこそ yutobiraさん
という風に出迎えてもらえるので気分がいい。

ところが、そこから意気揚々とブログの管理画面に飛ぼうとすると、

セッションが切れました。ログインしてください。

と言われることがしばしばある。
つまり、噛み砕いて言うと、「おまえ、管理画面にログインせいや、ぼけ」と言われているわけである。

その度に、

おまえこそ、さっき「ようこそ」言うたやんけ、ぼけ

と思う。

意外な共通点

古畑任三郎のものまねを文章であらわそうと、


んーふーふー


と書いてみたが、




どうみてもドラえもんです。本当にありがとうございました。

ダジャレをいうのは誰じゃ

「運動場を使ってもいいですか」

「うん、どうじょう」

というダジャレに対抗して、

「篭城してもいいですか」

「うん、ろうじょう」

というのを思いついたが、つまらないうえに使いどころが全くないことに気づく。

日常で「篭城してもいいですか」なんて訊かれるところにトリップしたい。そんな現実逃避。
夜勤明けの朦朧とした意識の中で。

年末年始のテレビ番組のワナ

年末年始の番組は豪華だったり生放送でグダグダだったり波が激しいです。
今晩は古畑任三郎ファイナルの第三夜だそうで、とても楽しみです。第一夜、第二夜ともに、最高に面白かったので期待が高まります。

さて、年末年始の番組の雑感を前々日の記事でやったワナ形式で、虚実入り乱れつ、お送りしたいと思います。
(参考:ワナ知識が豊富な編集者)


---
デ、デ、デ、デンジャラス!おっとこいつはご用心、年末年始は危険がいっぱい!録画予約に気をつけて!そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。それでは行ってみよう、ゆーとびら!バージョンでお送りするワナシリーズ第2弾、年末年始のテレビ番組のワナの巻。書いてる方は楽しいけど読んでる方はどうなんだろうと思いつつ、ウーーーワナッ!!

まずは、基本、特番ばかりで見るものがないワナ、逆に見るものがありすぎてどれを見ようか迷うワナ、せっかくダブル録画ができるレコーダーがあるのにやり方が分からないワナ、本来の持ち主である父ちゃんも全く分かっていないワナ、元旦へのカウントダウンが始まると同時に、チャンネルをいろんな局にパチパチ変えるワナ、案の定母ちゃんに怒られるワナ、気がつけば見ている番組のほとんどが司会:今田耕司のワナ、さっきから出ずっぱりの芸人さんたちはいつ寝るんだろうと真剣に考えてしまうワナ、若手芸人が今やってるネタは、ついさっき別の番組で見たワナ、今年消えそうな芸人を脳内でリストアップするワナ、若手のネタよりもあした順子・ひろし師匠が楽しみなワナ、厳選に厳選を重ね、見る番組を決めたのに、チャンネル権は父ちゃんにあるワナ、仕方なく録画して後で見ようとするが、父ちゃんがすでに別の番組を録画中のワナ、なんとか父ちゃんの希望の合間をぬっていくつかの番組を録画したはいいが、見る時間がないワナ。

どうか気をつけて欲しい、年末年始の番組には危険がいっぱいなのだ。

ゲームのワンシーン

以前話したが、うちの弟はゲームのキャラに適当に名前をつける。例えば、兵隊たちに笑点の出演者の名前をつけて、笑点メンバーという部隊をつくったりする。

そんな弟が、先日プレイしていたゲーム画面(クリックで拡大)。

game

「いしはらぐんだんのしきたりは きっちり教えておくよ」

すごい厳しそう。

帰省中のワナ

ワナ知識が豊富な編集者さんをご存知でしょうか。
本日は彼を参考に、ワナ知識の浅い私が帰省中のワナ!をお送りしたいと思います。
(参考:ワナ知識が豊富な編集者)

デ、デ、デ、デンジャラス!おっとこいつはご用心、久々の実家には危険がいっぱい!帰省中は気をつけて!そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。それでは行ってみよう、ゆーとびら!バージョンでお送りする帰省中のワナの巻。去り行く正月に思いをはせつつ、ウーーーワナッ!!

まずは、家に帰ると母ちゃん(55)がオリエンタルラジオにはまっているワナ、はまっているという割りに母ちゃんの歌う武勇伝は微妙に間違っているワナ、母ちゃんが晩御飯をはりきって大量につくるワナ、好物ばかりでうれしいけど、メインが5品もあって食べきれないワナ、あまつさえテーブルに乗り切っていないワナ、テレビを見ようとしたら、同じ県内なのにチャンネルがまったく違ってわけが分からなくなるワナ、しかし、分かったところでチャンネル権は父ちゃんにあるから意味がないワナ、あきらめてパソコンをしようと思ったら弟が占拠しているワナ、なぜか弟に頭が上がらず邪険にされるワナ、仕方がないので風呂に入ると、シャンプーが4本ぐらいあるワナ、しかもほとんどが空でマジでワナ、シャンプーは充実しているのにリンスが見当たらないワナ、一通り寝正月を過ごして帰ろうとすると、母ちゃんが野菜やカップ麺を持たせようとするワナ、重たくて持って帰るのが大変なワナ、家ではあまりしゃべらなかった父ちゃんが駅まで送る車の中ではやたらにしゃべりかけてくるワナ、

どうか気をつけて欲しい。実家にはワナがいっぱいだが愛情もいっぱいなのだ。

スーパーで

弟「甘栗むいちゃいました。の新しいネーミングを考えた」

私「何?」

弟「甘栗食べちゃいました。

私「殻じゃねぇか!」


---
この話をした時は姉弟で大爆笑したけど、今こうやって文章にしたらおもしろいかどうか分からなくなった。
でも、すべっても弟のせいだから別にいいや。もちろん、うけたら私のてがらだ。

ザ・ジャイアニズム

初笑い

あけましておめでとうございます。

みなさま、もう初笑いされましたでしょうか。
私は例年通り、年始のお笑い番組で初笑いしました。

そういえば、お正月のテレビ番組表を眺めていて思ったことがあります。
元日に「初笑い寄席」などの番組をやるのには問題ないと思うのですが、1月も3日や4日を過ぎてから「初笑い」と冠した番組をやるのはどうなんでしょうか。
もうその頃にはほとんどの方が初笑いを済ませていると思うのです。笑ってない人は少数派だと思うのです。
テレビ局の人は我々がどんだけ笑えない正月を過ごしていると思ってるんでしょうか。確かに正月の番組は笑えないものが多いですけれども。これはテレビ局の自虐なんでしょうか。
しかし、いくらなんでも3日あれば、多少なりとも笑えるできごとはあると思うのです。


---
というわけで、新年一発目から他人の揚げ足取りブログですが、今年もゆーとびら!をよろしくお願いいたします。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。