ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報復

今日、電車で席に座ったところ、足に変な感触があって確認したらガムを踏んでいた。

落とした奴でてこい。新品の靴が台無しじゃないか。
まぁ、新品って言っても安売りで1000円だったからいいけど。

・・・いや、よくねぇ。全然よくねぇ。
考えてみろ、銀行から下ろしたばかりの1000円札にガムをつけられたら嫌だろう。それと同じことだぞ。全然よくねぇ。

落とした奴はでてこい。お前の財布の中の1000円札を4つ折にしてガムで糊付けしてやる!!

---
少しイライラしたが、家に帰ってネットで面白いのみたら治った。
ふたりは住職
住職きもかわいいよ。住職。

<参考>ジュウシマツ住職のガイドライン まとめ
スポンサーサイト

次週、団地ともおがBS「マンガノゲンバ」に登場

NHK-BS2で放送中の「マンガノゲンバ」という番組がありまして、7/4(23:30~)の放送団地ともおが紹介されるそうです。ともおファンとしては非常にうれしいのですが…。

実は、この番組、第一回だけ見たことがあるんですが、はっきり言ってしまうと、非常につまらない。
30分、二部構成の番組で、前半は一人の読み手があるマンガを紹介、後半はまた別のマンガを紹介し、実際にマンガの現場に潜入するといった内容。つまり、前半に読み手視点で一作品、後半に作者視点でもう一作品を紹介するわけです。
私が見た第一回は、後半で介護関係のマンガを書いている漫画家さんのところに行って、その先生が作中で老人の便を描くために、泥などをこねて一生懸命モデルを作っているところを中心に放送していました。
…なんか、注目すべきところ、間違ってない?

ちなみに、番組の司会は細川茂樹さん。あまりマンガが好きそうなイメージはありません。
いささか不安な番組ですが、前半に「団地ともお」を紹介した後、後半はジョジョの荒木飛呂彦先生の登場だそうで、むしろそっちに期待が持てます。

余談ですが、「団地ともお」の作者、小田扉先生が好きな漫画はジョジョだそうです(このマンガがすごい!2006のインタビュー参照)。
あまりにもイメージからかけ離れている感じがなんとも素敵です。

BS-2の視聴環境にある方は是非ご覧ください。
番組が面白いかどうかは保証できませんが、紹介されている漫画自体は面白いものばかりですから…。

→見た結果

介護技術

いま通っている職業訓練校も中盤に差し掛かり、実技講習が始まった。

ベッドメイキング、歩行介助とやってきて、明日は、入浴介助の講習。バスタオルとシャンプーを持ってくるように言われている。
バスタオルとシャンプー。…実際に入浴するのか?

聞くところによると、介護者役と利用者役に分かれて、水着を着て実際にやってみる学校もあるらしい。しかしながら、今回の講習の生徒は40人。3時間の授業時間で、実際に入浴をしていたら終わらないだろう。予測としては、ベッド上での洗髪介助のみを実践するのだと思う。

午前中に洗髪の講習。いい匂いのさらさらヘアーで午後の授業だ。

落ちない。

先日、トリビアの泉でやっていた、デリカシーのない行動とは?という調査。
人気ホステス100人に聞いた、デリカシーがない男性の行動の9位は「一生懸命話しているのに『オチは?』と聞いてくる」だった。

この話で思い出したのだけど、「女性の話にはオチがない」というのをたまに聞く。
でも、逆に話に必ずオチをつける女の子とか、それはそれでいやだよなぁ。



このブログがそういう傾向にあることは棚に上げておく。

飛騨高山・美人OLぶらり3人旅殺人事件、湯けむりの中で家政婦は見た!

船越英一郎が「うちのかみさんが~」と言う度に、間違っているのは分かりつつも、頭に浮かんでくるのは片平なぎさの顔ばかり。

バスに乗りて思ふこと

せまいバスの車内にて 思ふこと。


前の席の、カツラの如き御仁の頭を グワシ と摑みたいが、がまん。


禿げの人の頭を ぴしゃり と叩きたい衝動に駆られるが、がまん。


がまん、がまん、の日々であつた。

もう少し

小学生のときの通知表は「よくできる」「できる」「もう少し」の3段階評価だった。

体育が苦手だった私は、6年間ずっと体育の成績が「もう少し」だった。

「もう少し」って一体どのくらい「もう少し」だったんだろう。
「できる」と「もう少し」の間には絶望的な隔たりがあったんじゃないか。そんな気がしている。

たけしさん

幼い頃のお正月、親戚から毎年大量に中古のゲームソフトを貰っていた。
親戚はゲームと無縁の人のはずなので、なぜこんなにゲームをくれるのか不思議だったが、話の端々から察するに、彼らの知り合いから毎年譲り受けているらしかった。
顔も知らない親戚の知り合いの人が、どんな人で、なぜこんなに大量のゲームを持っていて、なぜそれを惜しげもなく、見ず知らずの子供にくれるのか分からなかったが、ただ一つ言えることは、私たち姉弟にとってその人が「神」だったということだ。
その神がくれたゲームのセーブデータには、必ず神のものと思われる名があった。
「たけし」と。

たけしさんがくれるゲームは必ず箱、取り説がきれいなままで、セーブデータがなければ、新品と見まごう状態だった。几帳面なたけしさん。

超有名RPGからマイナーゲー、クソゲーまで数々のソフトを取り揃えていた、たけしさん。

特にドラッケンはクソゲーでしたね、たけしさん。クリアできたんですかたけしさん。

たけしの挑戦状をくれたのは、いろんな意味で洒落がきいてますね、たけしさん。クリアできたんですかたけしさん。

こんなに大量にゲームをしているのに、セーブデータは全てクリア目前で激強な状態な、たけしさん。

その割りに、大事なアイテムを結構取りこぼしがちな、たけしさん。

剣と魔法の洋風な世界のゲームの主人公にも、かたくなに「たけし」と名づけ続けた、たけしさん。

女の子のキャラにはさすがに「たけし」とは名づけてなかったけど、やっぱり洋風な世界に似合わない和風な名前がつけていた、たけしさん。

好きな女の子の名前ですか、たけしさん。

---
何歳なのか、どこに住んで、何をしている人なのか全く知らないが、確かにたけしさんはそこにいたのだ。
幼かったあの頃、ゲームの中に。

民生委員さんに会いに行く

前にも書いたが、現在、職安の職業訓練校に通うため、実家に居候している。来月にはまた前の住所に戻るので、住民票は移していない。
そういった事情で、職安から、「実家に住んでいる証明を民生委員さんにしてもらって、証明書を出せ」と言われた。
よく知らなかったのだが、民生委員さんとは、町内の福祉関係の相談や援助を一手に引き受ける人らしい。

さっそく民生委員さんの家に連絡をし、家を訪ねる。
ところが、ピンポンを鳴らしても家から誰もでてこない。
留守かな?と思ったら、家の裏手から、いかにも農作業中な、言ってしまえば田植えルックなご婦人がでてきた。どうやらこの人が民生委員さんらしい。予想外の出迎えに、少し拍子抜けしつつ、ご挨拶。そして、本題である証明をしていただくことに。

時間や手間がかかるのかと思っていたら、玄関先で書類を一枚書いて終了。その間五分。あまりにも簡単な証明でさらに拍子抜けした。
五分間、民生委員さんの飼い犬に吠えられまくりながらの証明であった。

うーん、アットホーム。

一言ネタ

「口が裂けても言えない」って口が裂けたらしゃべれないだろう。


という一言ネタを思いついたが、誰でも思いつきそうなので検索。

「口が裂けても言えない 口が裂けたら言えない」の検索結果
検索結果10件。微妙。

誰かとかぶるのも微妙だが、かぶらないで検索結果0だったら0だったで、「皆思いつくけどつまらないので書かないだけ」という可能性もあるのでやっぱり微妙。

眠いのに宿題があるよ。もうすぐ25歳なのに宿題があるよ。

職業訓練校でホームヘルパー講座を受けています。

8時間労働+残業されている皆さんには申し訳ないですが、7時間授業はしんどいです。3,4時間ぶっとおしで同じ先生の同じ授業という構成で、変化に乏しいのが良くない気がします。
おまけに交通事情の関係で朝が早かったり、毎日レポートの宿題があったりで寝不足のため、授業中は舟を漕ぎがちです。この調子だと、いずれ私の舟は世界一周旅行の旅に出てしまうことでしょう。
おそらく瀬戸内海を渡りきる前に先生に阻止されるでしょうが。

正直とても眠いので、阻止するのは三途の川を渡るときだけにしていただきたいと少し思いました。


…何しに学校にいってんだ。

生まれつきのことを怒らないで

なんか新聞の投書欄みたいなタイトル。
---

OLをしていたときに、よく電話でクレーム対応をしていた。
私は、地声は低いが、接客中・電話中は人が違ったような声を出す。世の大概の女性がそうであるように。

ある日、怒り狂ったお客さんから一通りクレームを受けた後、
「そんなかわいい声出して!!」
と捨て台詞を吐かれた。こんな怒られ方をするとは思ってもみなかった。
しかし、こう怒られたからといって、地声でしゃべったり、ヘリウムで声を変えてしゃべったりしたら、「ふざけてるのか!」って怒られるだろう。

どうしたらいいんだ。

はーい、ヘリコプター!

実家に戻っていると、小さい頃のことをよく思い出す。
---
小学生のある夏休み、家族で旅行に行くことになった。
旅行前、父はどこかに電話をかけていた。

「すみません、ヘリを予約したいのですが…」

ヘリ!ヘリコプター!テレビでしか見たことのない乗り物に乗る日が来るとは思ってもみなかった。旅行とはなんと豪華なものなんだろう。

父は電話を続けた。

「ヘリに車で乗りたいんです」

車!ヘリコプターにどうやって車を載せるのだろう?私はヘリコプターからロープで吊り下げられる車を想像した。

かくして旅行当日、我がファミリーが到着したのはヘリポートではなくフェリー乗り場だった。

父の「フェリー」の発音は昔も今も「ヘリ」にしか聞こえない。

山を越え谷を超え、隣の町にやってきた

今日から職業訓練校というものに通う。会場の関係でしばらく実家に居候である。

実家は観光地としてそれなりに有名な市にあるため、出身地を言うと必ず「いいところよね~」と言われるのであるが、私の実家がある町は、その「いいところ」と称される地域から、バスで30分ほど北上した地域にある。要するに山奥である。

そんな実家はバス停から徒歩1分の好立地。しかし、山奥なので当然ながら、バスの本数はなんというか、「時刻表の時刻のあるべき欄が全体的に白っぽい」と言ったらお分かりいただけるかなぁという感じなので、バス停から徒歩1分も全く意味がない。したがって、本日訓練校に出かける際は、選択の余地もなく、始発のバスに乗って出かけたのであった。

目的の訓練校の本陣は隣の市にある。バスで駅まで行き、そこから電車で隣の市へ行き、そして隣の市の辺鄙な駅から山奥に行くと訓練校である。すなわち、訓練校は山奥にあり、隣の市の辺鄙な駅から訓練校までのバスはというと、同じく時刻表が全体的に白っぽかったのである。

今日から約1ヶ月、この道のりを往復するのである。

時を忘れて

オサレな定食屋さんに行った。
オサレな店内にはたくさん時計があったが、その全てが、現在の時刻とは全く違う時間を指していた。
これは、「時間を忘れて食事を楽しんでもらおう」という、店主殿の粋な演出だろうか。

私は、正しい時間が何時なのか却って気になってしまい、何度も自分の腕時計を見ていた。

食ってる時に○○言うな

お好み焼き屋でお好み焼きを食べていたら、後ろの席に座っていたオネーチャンが
「あいつ飲み会でゲロ吐いたんだよ、サイテー!!」
とかデカイ声で話していた。
飲食店でゲロの話する方がサイテーだと思った。
あと、ここがもんじゃ焼き屋じゃなくて本当によかったと思った。

小学生男子

小学生男子のチャリンコ軍団とすれ違った。
そのうちの1人が仲間の誰かに何か叫んでいたのが印象深かったので書き記してみる。

「またこのパターンかよ!!コジキング・スリーの直さない技!!いつものパターン!!」

このパターンがどのパターンを指すのか、コジキング・スリーが誰なのか皆目見当もつかないが、小学生男子のかくあるべき姿だと思った。

消極的な声のかけ方

バイトでクタクタになって帰る途中、おっさんに声をかけられた。

男「すみません」
私「はい」
男「あのー、ナンパとかしたらまずい?」
私「いやー、まずいッスね」

この聞き方で「まずくないですよ」と答える人っているのかなぁ。いねぇだろうなぁ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。