ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団地ともお9巻感想

毎度おなじみ「団地ともお」感想。
今回は9巻。帯無し。
近所の本屋は今まで一冊しか入荷してなかったところを今回は3冊入荷してた。

団地ともお 9 (9) 団地ともお 9 (9)
小田 扉 (2007/03/30)
小学館

この商品の詳細を見る


安定して面白い。9巻は特に安定している。
他の巻に比べキャラや話の幅が広い割りに安定している。
ただ、安定しているせいか、はたまた私は本誌で全て読んでいるせいか、いつものようにこの話が好き!というのが選びにくい。全部同じくらいに好きだな。まぁ後で好きな話を選んで感想を書くけど。
9巻はともおのおおらかなおバカぶりに救われたり笑ったりすることがいつもより多かった。

例によって詳細な感想は「続きを読む」から。 続きを読む
スポンサーサイト

ひなまつり

勤務先の老人ホームで入所者と色々なレクリエーションを行う。
そのレクリエーションでは、昔を懐かしんで頂くために、一緒に唱歌を歌うことがある。
今月は3月なので歌う曲の一つに「ひなまつり」を入れてみた。

しかし、そこには一つ問題があった。
皆の士気をあげるために、職員である私がリードして歌うのだが、どうしても頭の中でひなまつりの替え歌が浮かんでしまうのだ。

一般的かどうかはさておき、私の子供時代に流行った、「ひなまつり」替え歌バージョンは以下の通りである。

♪あかりをつけましょ爆弾に~ どかんと一発禿げ頭~
 五人囃子のお葬式~ 今日は悲しいひなまつり~

ご老人の前で爆弾は物騒だし、お葬式などはもってのほかであろう。
間違えて替え歌の方を歌ってしまわないよう、緊張しながらのレクリエーションにならざるを得ない。

恐るべしだな、小さい頃の替え歌の定着力は。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。