ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

アオイホノオ(島本和彦)感想。長文になった。

ヤンサンからゲッサンに移って新章始動の「アオイホノオ」。
現在発売中の1・2巻はヤンサン掲載分までなので、今から買って読んでゲッサン創刊号から続きを読むと良い感じ。
アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る


島本和彦について、「熱血漫画を書く人」「吼えろペン」「某ゲームのキャラクターデザイン及び一部作詞」などの知識はあったもの、島本漫画を実際に読んだのは「アオイホノオ」が初めて。
島本的ギャグが滅法面白い。なぜ今まで読んでいなかったのか後悔した。

島本先生の漫画家生活を元に描かれた過去作、「吼えろペン」。それに対して「アオイホノオ」は学生時代を元に描かれたものである。
おそらく「吼えろ」よりも「アオイホノオ」の方が脚色が抑えられている…と思う。「吼えろ」がかなり破天荒な漫画家を描いているのに対し、「アオイホノオ」の方はモラトリアム真っ只中の学生を描いているので、その印象の差もあるだろう。
そう、この漫画を短く説明するなら、「熱血モラトリアム」だ。「熱血」と「モラトリアム」。一見相反する状態だが、島本作品では熱く大げさに物事が描かれるのが常だ(たった2作品しか読んでないけど)。「モラトリアム」も例外ではない。

「アオイホノオ」では「自分は天才だから描けば漫画家になれる!でも、青春が大事だから今は描かない!」と思っている主人公が、上から目線で実在の人気漫画家を批評してみたり、芸大の才能ある人々や漫画界の新人の台頭を目の当たりにしてショックを受けたり、根拠のない自信で精神の安定を保とうとしたりする。クリエイターになろうとする若者の若気の至りが、無駄に熱く、大げさに描かれている。
第一話で、原稿用紙に枠線を引くのが難しかったことに
「プロのしきいは… 意外と高いぜ!!」
とショックを受けるシーンはその一例である。

また、この作品にはエヴァンゲリオンの庵野秀明監督(芸大の同窓生)を始め、有名なクリエイター、漫画家が実名でたくさん登場するのも特徴となっている。「吼えろ」では実在の漫画家は登場するが、実名ではなかった。
これも脚色が抑えられている、と感じた理由だ。
現在有名になっている人の学生時代や、その時代に存在した漫画やアニメの話など、当時の状況がいろいろと描かれていて興味深い。

ゲッサンの新章からは漫画の持込みの話になるようだ。
これから主人公がどうなっていくか楽しみだ。

あと、ヒロインのトンコさんが大変かわいい。見た目も性格もかなりいいキャラだと思う。ヒロインといっても恋人ではない微妙な関係で、その辺りの描写も好きだ。


---
―ついでに。
「アオイホノオ」とは関係ないが、島本和彦で検索したらこんな動画があった。

炎の転校生主題歌
作詞・作曲:島本和彦 編曲:田中公平 歌:島本和彦

この原作者本人が歌うバージョンは、実際のアニメでは使われていないらしい。
アニメに使われた通常版は主人公役の人が歌っている(参考:通常版@youtube)。通常版の方が明らかに巧いし熱くもあるのだが、なぜか島本版の方ばかりリピートしてしまう。不思議な魅力である。歌の動画なのに「wwwwww」ってコメントがついているのもその魅力がなせる技だろう。

因みに、この作詞作曲の裏話は「燃えよペン」で読める。

団地ともお13集で気になったこと

団地ともお13集で「熱血」がクラスメートをサッカーに暑苦しく誘った直後のシーン。
↓のコマについて。
熱血2(「熱血」=ボール持ってる人)

初見のときに、あまり小田扉っぽくないなぁと違和感を感じた。
嫌悪感情をはっきりと言葉にしている、しかも陰口っていうのはあまりないなぁ、と。
さらに顔は真っ黒に塗りつぶされているし、目つきは鋭いし。
いつもはもっとマイルドに、せいぜい心の声で(暑苦しいなー…)って言わせる程度なのに、このコマは妙にきつくて生々しい。
「熱血」が周りからやや浮いているのは描かれてきていたけど、この漫画の人たちはそんなところがある人が多く、それが個性であり、笑えるネタなわけで。
「熱血」がクラスメートからここまで冷ややかな目で見られているとは思わなかった。

ただ、このコマがあるからこその次のコマ(下の画像)だとも思う。
熱血3

哀しくもあり、可笑しくもあり。



ほんの1コマに考えすぎたろうか。
単に「熱血」の立場に内心共鳴する所があって、それで気になっただけかもしれないな。

4コマ漫画家さんの書き込み

ネットには色んな職業の方がいろんなことを書き込んでいて、特殊な職業の裏話を聞くのは興味深い。それが愚痴でも面白い。

「職場でむかついた事を書くスレ その四十二 」より
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1241577188/251

251 おさかなくわえた名無しさん 2009/05/22(金) 00:57:33 ID:rFgf0qby
職場っつうか漫画家だから厳密には違うんだが
とにかく最近担当替えがあった。
その担当から言われた言葉

「あなたの絵は下手じゃないけど素人臭いから直すように」

あのなあ…

4コマ漫画で玄人全開の漫画の方がよっぽどおかしいだろが!
デスノートの小畑健並に上手い4コマ漫画とか、普通に変だろ!
こいつ頭に虫わいてんじゃねーの?

それと、これから共に頑張っていこうという作家にいきなりこういう事を言えてしまう
言葉の選べなさを見るに、
「作家の夢破れて編集に転向」というコースの編集者の多い理由がよく分かるわ。


この漫画家さんの言い分は分かる。素人臭いのが良い味になってる人だって多いものなぁ。
でも、

デスノートの小畑健並に上手い4コマ漫画とか、普通に変だろ!

これはあったらあったで面白いだろうなと思った。

ゲッサン創刊号読んだよ

サンデー系はあまり読んだことがないのにゲッサンを買ってしまった。

「読んだよ」と書いたが、全作品は読んでない。9割くらい読んだろうか。
なにせ創刊号だから、ほぼ全部「第一話」なわけで。これでもかこれでもかと繰り広げられる新しい世界についていかなかればいけないわけで。
月刊誌の創刊号だからこれくらいのボリュームがあってしかるべきなのかもしれないが、正直疲れた。

そんな中においてアオイホノオ は休刊したヤングサンデーからの移籍で、読んだことがある漫画なので安心して読むことができる。
アオイホノオとは、島本和彦先生が自身の青年時代を元に書いた漫画で、つまり、いつものような話である。( 参考:ヤマカム「ゲッサン創刊あだち充先生の新境地」
気になる方は今1・2巻を買えば、ゲッサン創刊号から続きが読める仕組みになっているので是非どうぞ。

とりあえず、読んだ分だけ1行感想。大半が1行以上あるが気にしない。
---
「QあんどA」あだち充:そういえば、あだち充作品の第一話は初体験かもしれない。アニメとかは見たことがあるんだけどなぁ。
死んだ兄貴の幽霊が弟にちょっかいだす話。ヒロインがかわいい。

「あずまんが大王補習編」あずまきよひこ:ゲッサンを買った理由その1。
笑ったのだが、なにか違和感を感じた。うまくいえないこの感じ。
ポトチャリポラパ/ダイアリー 「萌え変り」←こちらを読んでいろいろ考えていたが、そもそも「萌え」ってなんだろうとか、私にとってあずまんが大王は「萌え」なのかとか、いろいろ考え出してしまって、結局自分の中でうまくまとめられなかった。

「よしとおさま!」四位春果:突然イケメン(?)のお庭番が自分を守りに来てくれる、という設定で主人公が男。男性向けの雑誌なら美女のお庭番が守りにきてくれるとかの方がいいんじゃないかしら。そういう設定は無数にありそうだけど。

「月の蛇~水滸伝異聞~」中道裕大:メインキャラの顔見せ、ほんのさわりって感じの一話。賊に捕まりそうになるおねえちゃんの服の乱れがエロい。
戦闘シーンの描写がいまいちだと思った。あまりそういうことは気にした事がなかったんだけど、この漫画についてはなぜか気になった。

「アオイホノオ」島本和彦:ゲッサンを買った理由その2。巻末コメント込みで笑った。

「バースデイ」(読みきり)田辺イエロウ:消化不良な感じで終わった。

「アサギロ」ヒラマツ・ミノル:新選組漫画。主人公は沖田総司。いいヒキで終わっている。

「ここが噂のエル・パラシオ」あおやぎ孝夫:エロ要員?ハーレム漫画?絵は良い。

「第三世界の長井」ながいけん:ゲッサンを買った理由その3。
サブタイトル=「描き上がったところまで」だそうで。えーと…、次回に期待…。

「イボンヌと遊ぼう!」荒井智之:萌え系のギャグ(?)声も体も小さな天才少女が高校に教師として赴任。これからどう続けていくのだろう。

「まねこい」モリタイシ:毎号2話掲載ってすごいな。願いを叶えてくれる招き猫がやってきたけど能力が微妙、といった感じの話。面白くなりそうではあるが、これからだな。

「マコトの王者」福井あしび:ボクシングのチャンピオンを競う二人の男の中身が入れ替わってしまいましたというのが第一話。ライバル同士の中身が入れ替わるのは新しいかも。でも、入れ替わる前の描写がもっとあっても良かったんじゃないだろうか。まぁ第一話のツカミとしてこうせざるをえなかったのかもしれないが。話がよくわからんまま入れ替わってしまったなぁと思った。

「権力の犬ポリスクン!」杉本ペロ:「第一話」ばかりで疲れた頭にギャグ系は助かる。面白いかどうかはまた別の話。

信長協奏曲」石井あゆみ:歴史オンチの主人公が戦国時代にタイムスリップ。信長そっくりの容姿を買われ、本物の信長の身代わりとなる。結構面白そう。

---
第一話だけで感想を書くのは難しいということが分かった。ただでさえ、漫画の感想書くのが下手なのに無茶をした。
こうして書いてみると結構後半の方は読んでなかったなぁ。慣れない絵柄だと読むのに勇気がいるのだ。しかし、せっかく買ったのだから全部読まないとな…。

あと、小冊子のモリタイシ先生の読みきりエッセイ、「中規模な成功を収めているF」という漫画家にピンとくる方は読むがいい。

お菓子作りをする時に砂糖の多さにびっくりすることがあるが

大昔、ドレッシングを手作りしたことがある。
分量を見て、油の多さにびっくりした。
そして、食べてみて、味のまずさにびっくりした。

後者は自己責任。いや、ちゃんとレシピどおりにやったはずなんだけども。

日本で唯一の市立らしいです

アニメ美術館は「国立の漫画喫茶」 民主・鳩山氏が批判(産経ニュース)
だそうです。

広島市立まんが図書館もダメですか?
無料で漫画読み放題。図書館なのでもちろん借りられる。
ジャンプの最新号から古い史料的なものまである便利図書館。

参考リンク:公立では日本唯一の「まんが図書館」に行ってきました(GIGAZINE)

NHK趣味の園芸でミリオネア

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『NHKの趣味の園芸を見ていたら、突然ミリオネアが始まった。』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…

ということで見た方が早いので貼る。
タイトル
ファイナルアンサー?(クリックで拡大)

コラとかじゃなくて、園芸番組のワンシーンとして放送された場面。
NHKのこういうところ、嫌いじゃないぜ。

因みに、このふじもんたに扮する藤田智氏は大学教授だそうです。

平和記念公園に関する心底どうでもよさげなトリビア

平和記念公園には全国から送られた折鶴を展示する場所が各所にあるが、そこへ大量の折鶴を搬入するのはハトのマークのひっこしセンターである。


ツルを搬入するハトの図。
ツルを搬入するハト
フリーダイヤルを塗りつぶす必要はないだろうけど、一応。

FC2Ad