ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長協奏曲(石井あゆみ)1巻、11月12日発売

ゲッサンで連載中の信長協奏曲の単行本が来月出る。以前、ゲッサン創刊号の感想を書いた時に「結構面白そう」と書いた。ゲッサンで知った作品の中で、唯一買おうと思っているのがこれだ。
ゲッサンスレや感想サイトでも結構好評。作者は新人らしい。

ストーリーは「タイムスリップした主人公が信長と入れ替わる」というもの。
ストーリーの概略だけ聞くと、ありがちだと思う人もいるかもしれない。でも、そうじゃない。
歴史物ではあるが、誰もが知る信長が題材である点と主人公が歴史オンチの現代人である点が、話を分かりやすく、そして面白くしていると思う。

絵は今風ではなく、少年誌掲載に見えない(下参照)。これが逆に歴史物のストーリーとマッチしていて良い。
信長

そして、この漫画、編集部の期待も高い様子。この漫画は創刊号から常にゲッサンの巻末に鎮座しているのだが、それについて公式ページには下記のように書かれている。

雑誌の最後を飾る連載というのは本来
(巻末企画や目次を除けば)読者の皆様が最後に読む漫画作品であり、
すごく大切な場所だと僕は信じています。
(中略)ゲッサンの殿軍をどの作家さんにお任せするか
本当にすっっごく長い時間考えました。
最後まで迷ったのが
あだち充先生の「QあんどA」と
島本和彦先生の「アオイホノオ」と
石井あゆみ先生の「信長協奏曲」の3作品です。

ゲッサン公式ページより引用

あだち・島本と並ぶルーキー。これが本当ならすごい期待されてるなぁ。そしてゲッサンの他の漫画がんばれ。

この漫画の欠点を一つ上げるとしたら、タイトルかもしれない。ジャケ買いされない感じがする。
だからこのブログでプッシュしてみた。

---
しかし、来月は「団地ともお」「よつばと」等等がぞくぞく出るので財布的にやばいなぁ。それよりも本棚のスペースがやばいが。
好きな漫画は新品で買って手元に置いておきたい、という人間にとって、好きな漫画が増えることは嬉しいけど困る。でも、嬉しい。
スポンサーサイト

今週の小田扉情報

プレゼントの告知があるので、単行本派の人はスピリッツを是非チェック!

プレゼントはまさかのサイン入りゴルフクラブ!!
何故かは本誌を読むべし。




さすがにこれは応募しない…かも。置く場所ないわ。

余計なひとこと

質問掲示板などを見ていると
「~について、親切な方教えてください」
という表現を見かけることがある。

それを見ると『私は親切な方じゃないから、答えを知ってるけど答えない方がいいのだろうか』と思う。
いちいちおのれの人間性と向き合わせないで欲しい。

勝手に向き合ってる私が悪いだけだが。

カイジ関連で面白かったスレがまとめてあった

アルプス黙示録カイジ(SLPY:http://slpy.blog65.fc2.com/)

AAストーリー物。タイトルはありがちだけれど、ストーリーと設定が非凡すぎるw
やや長いが面白かった。

「銀と金」福本伸行

名作と名高いので読んでみた。
銀と金 (1) (アクションコミックス・ピザッツ)銀と金 (1) (アクションコミックス・ピザッツ)
(1992/07)
福本 伸行

商品詳細を見る


ストーリー概要(wikipedia)

面白い。カイジが初福本漫画で大変面白かったが、こっちの方が好みだ。

主人公の一人である森田が、銀王と呼ばれるすごい人(もう一人の主人公)を目指して、画商と心理戦を繰り広げたり、成金の青年とポーカー勝負したりしながら成長していく話。
知略と人脈と金で裏社会で名をなす銀王と、その銀王に見出された青年森田。両者とも魅力的なキャラクターである。
最近のカイジやアカギのようなダラダラ展開は少ないので、いろんな勝負が楽しめる。
ただ、未完なのが残念。森田の行く末を描いて欲しい。

カイジの映画をやるためか、コンビニ廉価本が結構置いてあるなぁ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。