ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長協奏曲1巻(石井あゆみ)感想

前にも感想を書いた信長協奏曲」の1巻がでたので、改めて感想を書こうと思う。
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2009/11/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


ストーリー:日本の歴史に全くもって疎い高校生、サブローが突然戦国時代にタイムスリップしてしまう。そこで偶然でくわしたのが、自分の顔と瓜二つの男。それはなんとあの信長だった。病弱な信長は自分の代わりになってくれとサブローに頼み、そのまま城を去ってしまうのだった…

普段は何も考えてなくて適当だけれども、キメる時はキメる主人公。そんななので、彼の暗殺を企む者からは「何を考えているのか分からなくて怖い(主人公は何も考えてないだけなのだが)」と暗殺を断念されたり、城下の者にはうつけととられ蔑まれたりあるいは親しまれたりする。
歴史に疎くて飄々とした主人公を上手く織田信長のキャラクターとリンクさせて話を進めているのが、面白い。

とらえどころのない性格の主人公の言動がいちいちギャグっぽいので、歴史物語なのに読みやすい点も良い。

難を上げれば、タイムスリップが唐突だったり少しご都合主義ではないかと思われる展開があるかなと思う。まぁ許容範囲。

本誌の方を時々読んでいるけど、次巻も面白い展開がありますよ…とだけ言っておこう。
スポンサーサイト

衝撃的なニュース

いま、世間を騒がしているニュースよりも衝撃を受けたニュース。

ベルギーの極貧王子、アパートで死亡
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1257843637/


ベルギー、極貧王子死亡ベルギーの王子ベルトラン・ド・メロードが
オステンデのアパートで死亡しているのが発見された。死亡の原因はまだ不明。
この王子は若いころから貧困生活をしており病院にも何度か入院していた。

ベルトラン王子は1952年にベルギー貴族ド・メロード家に生まれた。
国王アルベルト一世は1930年にド・メロード家に皇室の称号を与えており、
王家とド・メロード家は現在まで非常に近しい関係にある。
しかし変わり者のベルトラン王子は城を飛び出し道端で生活するようになった。
家族からの援助もプライドがゆるさないと断っていた。

王子はオステンデの市長の部屋に木製のピストルをもって入り込んだり、
ナチュラリストとしてブレデーンにヌーディストビーチを確保したりと話題につきなかった。

また今年王子が結婚したいとしていたガーナ人の美女は金の密輸入で逮捕され、
さらにこの美女は男性であることが発覚した。

http://www.portfolio.nl/article/show/3018



最後の一文で盛大に吹いた。
破天荒かつ波乱万丈すぎる人生だなぁ。小説化や映画化できそうだ。

twitter始めました

twitter始めました。
https://twitter.com/yutobira

以前にも一度やろうと思って登録したはいいけど、なんかよく分からなくて怖いのでそっこー辞めただよ。今回はそっこー辞めないようにしよう…

ジャンプスクエアで小田扉

SQ.12月号、小田扉が新連載。2月号からは矢吹健太朗も / コミックナタリー

ジャンプスクエアで小田扉の新連載開始。タイトルは「しょんぼり温泉」。カラー扉とその裏の1ページインタビューに注目。
1話だけではまだ分からないけど、この作品は長編系かな…?江豆町っぽい雰囲気でスタート。主人公は女の子。

この作品は単行本でまとめて読もうかな。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。