ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「団地ともお16巻」感想

団地ともお 16 (ビッグコミックス)団地ともお 16 (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
小田 扉

商品詳細を見る


帯なし。表紙はおなじみの3バカトリオ。
16巻は主人公のともおメインの話は少ない。…けど? 続きを読む
スポンサーサイト

怪談コミック誌「サムケ」に小田扉

サムケ
http://www.takeshobo.co.jp/sp/samuke/


遅ればせながら、読みました。小田扉先生の短編ホラーが載っています。
普段の笑える&ちょっとせつない部分を「怖い」に持ってくるとこうなるのかーと思いました。

ネタバレになるので詳しくは避けますが、今回の題材は「家族不在(関連記事:小田扉作品における「欠けた家族」について/ゆーとびら!)」同様、小田扉作品でよく使われるある題材がからんでいました。
これもまた掘り下げて行きたいかも。

ジャンプスクエアのサイトで小田扉先生のインタビュー公開中

ジャンプスクエア マンガ家 直撃インタビュー[モノガタリ]

先日ジャンプスクエアに掲載された小田扉先生のインタビュー記事がwebにて順次公開中です。
ジャンプSQ連載中の「しょんぼり温泉」からスピリッツに連載中の「団地ともお」、その他の作品についても語られています。

---
小学校の頃はあまり漫画を読んでなかった、本格的に描き始めた時期が遅い、など興味深い記述が多々ありました。
中でも最も興味深かったのは、小田扉作品の最大の特徴とも言える読後感に関わる部分です。

●小田 特に最近「いい話入れたがり」みたいなところはありますね(笑)。それはちょっと自分でも嫌なところなんですけど。

――「いい話入れたがり」ですか。

●小田 読んで、後味が悪そうなものはあんまり描きたくない、というのがあるんじゃないですかね、たぶん。

――そういえば後味が悪いお話ってほとんどないですね。


以前他のインタビューで「オチから考える」というのを聞いたことがあります(ソース失念)。
そういうことも合わせて、あのなんともいえない、せつないような可笑しいような希望にあふれたような不思議な読後感が生まれるんでしょうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。