ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長協奏曲の3巻がでて思うこと

やっぱり面白いので、なるべくネタバレなしでご紹介を。

信長協奏曲 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)信長協奏曲 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2010/08/12)
石井 あゆみ

商品詳細を見る


高校生のサブローが戦国時代にタイムスリップ、容姿がそっくりだったために本物の信長の身代わりとして生きることに…というストーリーです。

3巻にようやく登場した明智光秀の設定が素晴らしい
「信長の話」と聞けば、クライマックスは本能寺の変だろうと誰もが予想するところ。その最大の事件を起こす光秀がどんなキャラクターとして描かれるのかが気になるわけですが、これはかなりしてやられたというか。是非読んで私のように驚いて頂きたい。予想外ながらこれしかないというキャラクターになっています。

他にも秀吉の描かれ方が新解釈で、この人がまた明智光秀以上にこの先何かをしでかしそうで目が離せません。不気味で怖いです。

そして、本筋の面白さ以外にも、主人公の飄々として不思議なキャラクターとそれに振り回される戦国時代の面々のやりとりが面白い。もっともこちらの「面白い」の意味は笑えるの意味ですが。

あと、女の子がかわいい!奥さんの帰蝶(濃姫)は艶っぽくて可愛い。妹のお市は性格がやんちゃだけど美人!

たぶん本格的な戦国漫画を期待して読むと、相当な肩透かしを喰らうでしょう。そこが良いところであり、正直悪いところであり…。サクサクあっさりな話の進み方は賛否ありそうです。
それでも私がこの作品を面白いと思うのは、設定を生かしながら史実に忠実に話がすすんでいるのに、先が読めないからです。各巻まんまと展開に驚かされています。
おすすめ。

【関連記事】信長協奏曲1巻(石井あゆみ)感想
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。