ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青戸さん初登場回、原作とアニメの違いに思うこと―アニメ「団地ともお」第7回

・伝言ゲームに踊らされるともお(1集より)
・奇跡を信じるかいともお(2集より)


青戸さん初登場。
初期のころの青戸さんは美人でやさしいお姉さん。
原作ではここからどんどんキャラが固まってかなり大活躍するキャラクターになります。
やや低めで色っぽい声。今後キャラが変わっても合いそうな声でした。

最後にともおが勇気をもらったシーンのあとに、青戸さんも少し前向きになるという原作にはないシーンが追加されていました。
原作通りにアニメにすると「これで終わり?」みたいになりかねないというのも分かるんですけどね…。

原作の、ケリ子が青戸さんを勇気づけたくてがんばったのに青戸さんには伝わらなかった、でも関係ないはずのともおがちょっと勇気づけられたっていうところがとってもいいと思うんです。

人間の日向を描いているのにただのキレイ事に見えないから、本当の意味で癒される漫画なんでしょうね(by山本英夫氏/2集帯より)



この帯のことばは的を射ていて好きです。
努力が直接報われることはなかったけど無駄じゃなかったって、現実は残酷な面もあるけど救いがないわけじゃないって、原作のそういう感じが好きなんです。

この漫画には、やっぱり毒の部分がどうしてもあって。電波にのせるということを考えたときのしのぎあいですが、でも、その毒が抜けきっちゃったら、作品らしさがなくなっちゃう(by渡辺歩監督/スピリッツ2013年4月15日号より)



原作のよさを分かった上でのしのぎあいの結果ならば受け入れるべきなのかもしれないですけど、やっぱりちょっと残念だなと思いました。
スポンサーサイト

アニメ「団地ともお」第6回

第3集より「姉ちゃん抹殺を計画するともお」を改題「寝言に答えるなともお」と第1集より「団地で個室ゲットだともお」を改題「団地で部屋をゲットだともお」の2話。

姉ちゃん回でした。
改題してより分かりやすくなった印象のタイトルです。

姉ちゃんがともおに世話をやくシーン追加。
ともおを抱えてダッシュする姉ちゃん。怪力ですね。

母さんへのプレゼントのシーン、原作ではあらあらまあまあと照れてるんですが、アニメでは涙する表情に変更されていました。

やっぱりちょっとせつない系のBGMが合ってないときがあると感じます。原作のイメージで見てしまってるからですかね。
原作を知らなければ自然に見れるのかな?

世にも奇妙な物語「AIRドクター」(原案:小田扉)

こちらの記事でも触れましたが、世にも奇妙な物語で小田扉先生の「もどき("前夜祭"収録)」原案の作品が放送されました。

原作の設定と雰囲気はそのままで全然違うストーリーが展開されていてとてもおもしろかったです。
前の綿毛男("前夜祭"収録)もおもしろかったですし、小田扉先生と世にも奇妙な物語って相性いいかも!
次もあるといいですね。


関連:前夜祭感想

アニメ「団地ともお」第5回

原作既読視点で感想を。

・王国建設をもくろむともお(第1集より)
さすがに原作で石を投げてしまう所とワナに糞尿を混ぜてるのは変更されていました。まぁそりゃあ仕方ないよね。
ちょこちょこ追加されてるアニメオリジナルシーンですが、今回よしのぶが足をすべらせるところとか尺稼ぎ以外の意味が見いだせなかった。

・亀の甲より年の功だよともお(第2集より)
樫野さんの顔、島田さんに続きCGに違和感大ありです…。シワとか味のある表情とかがなくって、漫画より生気あふれる89歳になってました。動きも人形劇みたい。
声が大ベテランの千葉繁さんなのは合ってたし非常によかったです。アニメになった甲斐があるってものよ。
「すげー短いよ一日!!」の言い方とエコーかかってる演出が特に良かった。

オチが原作より"いい話"よりだったのは、ちょっと残念だったかも。
実況では原作よりいい終わり方だったって言ってる方もいましたが、私は原作のあっさりしてて余韻を含んだ終わり方の方が好きかな。

5/11放送の世にも奇妙な物語に小田扉先生原案の話が







ということで、「もどき」原案のお話があるようです。
以前も「綿毛男」原作のお話があり、小田扉ファンとして見ても世にも奇妙な物語ファンとして見ても面白かったので、今回も期待大ですね。
小田扉先生のツイート内容やタイトルを見た感じ、漫画とは結構違うお話になるのかもしれません。いずれにせよ楽しみです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。