ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「団地ともお」第51回

3本立て回は当たりが多い気がします。

・暴かれし取り柄だよともお(13集より)
ジャンプの高さをナレーションで。場面転換の演出なんかもあったり、猫のジャンプの高さまで言ってたり、アニメらしくアレンジされていました。

・うまく励ましたかなともお(14集より)
原作のリコーダーの件はカットされてた?

・片づけて生還だともお(16集より)
アニメの青戸さんは動きと声がついたおかげで、よりアクの強いキャラになってる感じがして好きです。
マジックハンドのくすぐり攻撃は原作にはなかったです。


全体的にちょいちょいアレンジが入ってて、違いを見つけるのも楽しいです(「うーん…」ってなるときもあるけれど)。
多少変わっている点はありますが、どの話もほぼ原作通りのオチだったので、唐突に終わるなぁって思いました。
3本立てだからか唐突な終わり方でもテンポよく感じてよかったです。

アニメは漫画と違って終わり方の余韻を楽しむ前に次の場面に移ってしまいますから印象が違ってくるのは当たり前ですが、原作を知らないで見てたらすごく斬新な終わり方に感じるでしょうねぇ。一旦記憶を失くしてからアニメを見てみたいなぁ。

あと、前から言ってますが、どうも効果音や音楽がしっくりこないのが気になる…。ギャグ回のテンポがいいだけにそこが残念。
スポンサーサイト

アニメ「団地ともお」第50回

いつもですが、原作バレがあります。

・思い出せないよともお(第7集より)
3バカ回。
さすがに原作の3人乗りのシーンはカット。コンビニのシーンが長めに追加されていて、3バカがかわいらしかったです。

・以下の問題に答えなよともお(第5集より)
本田先生が死んだ金魚に「オイコラ!」って言ってるのは原作にない台詞ですがとても面白かったです。

先生の先生の回。
先生の先生と子供たちが会っていたり、本田先生がカニの件を子供たちに説明したりと追加シーンが長めにありました。
そして、ラストの部分は原作の台詞が一部なかったり、前述の追加シーンを受けての追加台詞があったりと、結構違いました。
そういえば、アニメ版は「ファミリー向け」でしたね。シーンを追加したことで解りやすくしたのかなと思いました。
「それじゃ授業を始めるわね。」「あそこでその人が今、まさに焼かれてるの。」という原作の台詞はカットされていましたし、その後の子供たちとのやりとりも、大筋は同じでも違うものになっていました。アニメの方がソフトな表現な印象。

原作の本田先生は、今まさに恩師が焼かれている斎場を指さし、子供たちに向かって淡々と死についての授業を行います。
アニメのように斎場から走り出すようなシーンは原作にはありませんでしたが、原作の方が先生が斎場を後にして子供たちの所に向かった意味を強く感じました。

アニメ「団地ともお」第49回

・乗り越えていくのだともお
・まだ続いているなともお


コンビニ回、2本。
コンビニの兄ちゃんにみつおがビールを持っていくシーンが、アニメではドクダミ茶に変わっていました。

アニメ「団地ともお」第48回

・眠らぬ森のともお
・ファッションリーダーって誰?ともお
・支配からの脱出は成るかともお

アニメは既に父さんの顔を隠すことを放棄しだしてないかな(笑)。
ギャグなのかマジなのかちょっと判断つかないですね。

アニメ「団地ともお」第47回

・かわいい子には一人旅だなともお
秀逸な回(ってほぼ全話そう思ってる気がしますが)。
ともおが電車の中で寝ちゃって乗り過ごしそうになるシーンの間とか周りの乗客の表情とかは原作の方が好みかな…。
通りすがりの女性キャラが原作よりかわいめに描かれていた気がしました。

・二軍で完全試合だともお
これまたすごい設定の話ですよね。
実況でわいわい感想を言い合いながら見るのが楽しかったです。
変わった話なのでアニメ化しないかと思いましたが、アニメになってよかったです。

夢オチじゃないかと予想していた方がいましたが、非現実的な話でも夢オチにならないのが小田扉ワールドのすごさよ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。