ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異質なる遺失物

久々に会った旧友たちと飲み語らった次の日の朝。
まぶしい太陽の下、清清しい朝帰り。
そんな帰り道の道端に、

落し物


落ちてた。


目だし帽。


使用前か、使用後か。
誰が何のために用意したものか。
なんでこんなところに落ちているのか。
「落し物です」と交番に届けるべきだったのか。

謎が謎を呼び、それらは謎のまま。

じっと見つめても目だし帽は何も語らない。
ただ、その虚空を見つめる瞳と空間を吸い込んでしまいそうな口をじっとみていると、阿鼻叫喚という四字熟語が浮かんだ。
関連記事

コメント

もしそれが、使用前だった時。

完全犯罪は免れた。

  • 2005/08/31(水) 17:15:25 |
  • URL |
  • ポトス #XXcsXBwo
  • [ 編集 ]

便乗(笑)

そして

もしそれが、使用後だった時。

彼の臭いがぬんぬんしていた。

もし、それが使用中だった時。

彼は透明人間だ。

  • 2005/09/01(木) 21:15:23 |
  • URL |
  • ゆと #eP1cGWnA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/118-ee9dc8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。