ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポン菓子

ポン菓子が好きだ。
お米をポンとやって作るからポン菓子。昔ながらの駄菓子である。

昨日、職場で大量のポン菓子を貰った。
最初は喜んだものの、3口ぐらいで満足してしまった。俗に言う(かどうかは知らないが)、芥川龍之介の「芋粥」状態だ。
まだまだ大量にあるのに3口でくじけてはいけない。しかし、ポン菓子というものは、非常につかみにくく、ポロポロこぼしてしまう上に、食べているうちに手がベタベタしてくる。

しかも、このポン菓子、しっけている。
口の中がモフモフして噛みごたえ充分だ。咀嚼するのに一苦労である。

なんとか食べやすくできないだろうか。
ポン菓子の原料は米だ。
おかゆにしたら食べやすくなるだろうか。

芋粥ならぬ、ポンがゆ。

果たしておいしいのか。
試してみるための一握りの勇気がほしい。
一握りどころじゃないポン菓子と向き合いながら思う。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/170-f19a27fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。