ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まつり。ひとりで。

金曜日から3日間祭りが行われている。
昨日と今日の夜行った。ひとりで。

昨年の祭りのときは、仕事だった。
仕事場からの帰り道の一部が祭りのメインストリートとなっており、ただひとり疲れた体で自転車を押しながら、人ごみをかき分けて帰った思い出がある。

転職したため、今年は幸いにも祭りに行く余裕があった。ただし、ひとりで。
友達は去年の私のようにあくせくと働いているらしい。
一緒に行く人がいない。それでも私は祭りに行った。
イカ焼きにりんご飴、フランクフルトにかき氷。
浴衣こそ着なかったが、十分に祭りを堪能した。ひとりで。
昨年の恨みつらみを晴らすかのように。
余裕のなかったあの頃を取り戻すために。

祭りにひとりで行くのは、その楽しさを半減させてしまう行為かもしれない。
しかし、世の中には、祭りに行きたくても行けない人がいる。あまりにも忙しすぎて、祭りに行きたいという発想すらできない人もいる。

ひとりでも祭りにいける喜びをかみしめて、
私は、昨年人ごみに辟易しながら自転車を押して帰った道で、同じく人ごみに辟易しながらかき氷をほおばった。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/21-b6df4782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。