ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人のふんどし

他人のふんどしで相撲をとる

という言葉。人の功績を利用して楽して利益を得る、といった意味の言葉である。


他人のふんどしで相撲をとる

思ったのだが、これは、むしろハードルが高い行為なのではないだろうか。


他人のふんどしで相撲をとる

他人のふんどしを履くのはとても勇気がいる行為に思う。変態でない限りは、他人の使用済みのふんどしなんて汚くて履けない。とても困難なことだ。しかも履けたところで変態扱いされるのがオチである。


他人のふんどしで相撲をとる

実はこの言葉は、世の中に楽な道などないということを示しているのかもしれない。
もしくは単に何かの罰ゲームか。地味に嫌な罰だ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/307-d0a9933e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。