ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

「博士の愛した数式」を読んだ

博士の愛した数式を読んだ。
80分しか記憶がもたない博士と数式(かず しき)女史の恋愛物語。奇想天外、抱腹絶倒。とかだったら、絶対面白くないと思うので、そうでなくてよかったと思った。

この本を読む前日に古畑任三郎を見ていたら、おひょいさんこと藤村俊二氏が被害者役として出演していた。そんな理由で、なんとなく本の中の「博士」は、おひょいさんをイメージしながら読んでしまった。
映画版は寺尾聡が博士役であり、本の帯にも写真があったのだが、どうしてもおひょいさんが頭から離れなかったのである。

というわけで、本を読んだ後、映画版も見たいなぁと思ったものの、私の頭の中でおひょいさん演じる博士が素敵に動いていたので、それでよしとすることにした。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/320-6331044e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad