ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ屋さんでアルバイトをした話。その2

前回の続き。
派遣会社のパンチのきいた感じの社員さんに連れられて、パチンコ屋さんに来た私の運命は!?
…と煽っては見たものの、そんなでもない内容なので期待せず読んで頂きたい。

現場に向かう車の中で社員さんは言った。
「制服のことは聞いてる?」
前日に別の社員さんから制服貸与であることと、パンプスを持参するようにとだけ聞いていたので
「大体は聞いていますが、具体的にどういう制服かは聞いてないです」
と答える。一瞬社員さんが止まったように見えたが気のせいにしておこう。
「こういうところってミニスカのところが多いけど今回の現場はそんなに丈も短くないから大丈夫だよ」
と社員さん。なるほど。社員さんの表情や言葉の端々に、なにか嫌な予感を覚えたが、パンプスを履くことを指定されている限り、そんなにおかしな制服ではなかろうと、自分をごまかしつつ更衣室に行く。

そして、そこにあった制服をみてマジか、と思った。
おそらくこれを「ミニスカでない」「短くない」とするならば、一般的なミニスカの定義は、サザエさんの妹のワカメちゃん並みの丈になると思われる。要するにミニスカ=パンツ丸出しである。
まぁいい。これは社員さん曰くミニスカではないのだ。すなわちパンツ丸出しではないのだ。おまけにスパッツ着用だ。ノープロブレム。妙にテカテカした材質だがノープロブレム。制服というよりはコスチュームと言った方がいいような代物だがノープロブレム。どう考えてもパンプスは合ってないがノープロブレム。そうは言っても、知り合いに見られたら軽く死ねる気がするが、ここは友人知人の生活圏内から離れているのでノープロブレムだ。逆に言うと車で行かなければならないほどの郊外のため逃げようがない四面楚歌。
そんな中、私の良いところだか悪いところだかわからんが、段々この状況が面白くなってきた。そう、まるで孫悟空のように。「こんなにやべぇ状況なのにオラなんだかワクワクしてきたぞ」である。
正直24歳、童顔、寸胴の私に似合う制服ではなく、ぶっちゃけ見た目にきっつい感じではあるが、どうせ半日だし時給もいいしコスプレ気分でやればどうということもない。むしろ孫悟空マインド+コスプレ楽しいマインドでワクワクしきりであった。

そんなこんなでアルバイトは終了し、帰宅の途につく。帰りもそのスジの社員さんの車である。
社員さんは、
「やっぱあの制服微妙だよね~。前にあれがいやで急に帰っちゃったコいたよ」
と言っていた。「私も一瞬帰ろうと思いました」と言いかけたが、今後の待遇を考えて黙っておいた。
というか、結局売り飛ばされるのと大差なかったような気もしないでもないが、面白かったので良しとしよう。

社員さんに別れ際、
「また頼むかもしれないけどその時はお願いね」
と言われたので、
予定が合えばお願いしますね♪」
とさわやかに告げ、業務終了。おそらく今後予定が合うことはないだろうということは、ここだけの話。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/396-029fd1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。