ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

夏と私と乙一と

乙一という小説家がいます。おついちと読みます。 ミステリー作家であり、ホラー作家であり、ラノベ作家でもあります。
この人の特徴は本のあとがきが非常におもしろいところです。
で、この方がweb上につづった日記形式の文章が本になっています。 名を小生物語といいます。要するに、私の大好きなあとがきが一冊の本になったようなものです。 日記といってもノンフィクションとフィクションが交錯する嘘日記のような感じです。
で、先日この本を読み返していて思ったのですが、これ、太田光の文章と似てるな。 途中で挿入されるファンタジーな嘘日記が太田光のそれそのものに見えて仕方ありませんでした。 いままで何回か読み返しましたが、なぜか今回はひたすらにそう感じました。
実は乙一氏は爆笑問題が好きだったりします。

たぶん、乙一氏が好きなのは爆笑問題のネタであって氏が太田光の本を読んだことがあるかどうかは定かではありません。

しかし、何か通じるものがあるのだと思います。

そういえば、数年前シャカという芸人さんのコントを見ながら、ああなんか実写版マサルさん ぽいなとか思ってたら、その後少年ジャンプの巻末コメントでその作者本人が「シャカのコントおもしろい」とか書いてたのを思い出しました。

やはり何か通じるものがあったのでしょう。

というわけで最近の私の文体が、どこかのサイトの文章に似てきてしまっているのですが、パクってるわけじゃないんです。何か通じるものがあっただけなんです。というのはあまりにも言い訳くさいでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/40-e1d95d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad