ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

原作既読者によるドラマ版「のだめカンタービレ」雑感

残すところ後1話になった、月9ドラマ「のだめカンタービレ」。
原作を持っているので、始まる前から楽しみにしていた。今現在も楽しく見ている。がぶりよつ。

ドラマのいいところは、なんといってもキャスティング。
見る前の期待を裏切らず、各キャラクターのはまり具合がすごい。漫画のイメージにピッタリで(特に見た目が)「どっから見つけてきたんだw」と思うような役者さんばかりだ。
そうでない人も中にはいたが、見てるうちになじんだ。役者さんの演技ってすごいなー、と当たり前のことを思ってみたり。

あとは、テンポが良い。原作のギャグ部分を忠実に実写化している。
ぶん殴られて飛ばされるのだめに、噴出すこともしばしば。
ネットの掲示板で誰かが「ドラマ化というより実写化だな」と言っていたことを思い出す。キャスト・ギャグ演出含め、全くその通りだ。

もちろん作品の肝となる音楽部分もいい。役者さんの演奏の演技も違和感が無い(素人の自分が見る限りは)。劇中のBGMが有名なクラシック音楽なのもいい。

しいて悪いところをあげるなら、ストーリーがさくさく進みすぎて、原作未読の人は登場人物の心情変化についていきにくい気がすること。加えて、前半はのだめがピアノを弾くシーンが少なく、天才っぽい描写が少なく感じた。
他は、漫画的なギャグ描写は好みが分かれるかな、ってとこか。

でも、毎週楽しみにして見てたし、最終回も楽しみすぎてやばい。
たぶん「俺たちの音楽はこれからだ!」みたいな終わり方になると思うが、絶対見る!原作もこれからもずっと買い続ける!
関連記事

コメント

お久しぶりです。私も原作ファン。ものすごくレベルが違うけど自分も音楽をやっているので、作者が音楽が好きでよく知っていて、よく調べて描いたことがひしひしとわかってすぐにひきこまれました。
ドラマは音楽の扱いも難しそうだし期待していなかったのですが、2話か3話をちらっと見たらけっこうよかったのに・・・それ以来すっかり忘れていました。
原作者はドラマ化にかなり慎重だったという噂をネットで読んだ気がしましたが、それをクリアしてのオンエアだったのでしょうか。そもそも若者向けのものを見ない習慣のために・・・残念。

  • 2006/12/20(水) 22:51:29 |
  • URL |
  • azkn #saqCtuag
  • [ 編集 ]

のだめ、本当にいいですよね。
ドラマの方は明日…じゃなくて今日が最終回ですね。原作を見ていれば最後だけでも楽しめるのではないかと思いますよ。

  • 2006/12/25(月) 01:06:39 |
  • URL |
  • ゆと #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/501-dacb1cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

のだめ カンタービレ ドラマ|のだめオーケストラの魅力

のだめカンタービレのドラマは、あの人気漫画、二ノ宮知子さん原作の「のだめカンタービレ」をドラマ化したもので鐔ワ愁鐔

  • 2006/12/19(火) 21:35:00 |
  • のだめ カンタービレ ドラマ|のだめオーケストラの魅力

FC2Ad