ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

「団地ともお12巻」感想

団地ともお 12 (12) (ビッグコミックス)団地ともお 12 (12) (ビッグコミックス)
(2008/08/29)
小田 扉

商品詳細を見る


いつものように何話か抜き出して感想。「続きを読む」からどうぞ。
・より子がともおに借りをつくってしまう話
最後のコマのより子がモップの拭くところを突き出す天然ボケがいい。
■好きなセリフ
「あんたに一体何の悩みが!!」


・佐山兄の生徒会立候補の話
3コマの回想セリフのバックで表現される、佐山妹(姉だけど)と三沢の関係。それに照れる佐山兄とともお。この流れ最高。

・委員長の電車仲間の恋路話
描き鉄さんは描き鉄なのに絵が下手なのです。だが、それがいい。

・母さんがパンチパーマになる話
ともおがパンチパーマの母さんにびびっておやつを献上するところに爆笑。

・父さんが一週間いてくれる話
父さんの顔が明かされることはないらしい(どっかのインタビューでの作者談)。
あの手この手で隠される父さんの顔をお楽しみください、な話…だと思っていたら最後の最後でどうしようもない切ない話になってしまった。最後がしんみりな話はたまにあるが、これはまたしんみりしすぎというか、7巻のカナの復讐話のような異質な感じがある。

ともおの二重跳び姿には癒された。

・わかってもらいたいともお
ともおのこの感覚を「わかるわかる!!」となる人たちがこの漫画の愛読者なのかもしれない。
小田扉の真骨頂って感じがひしひしとして、かなり好きな話だ。

・この作文を書いたのは誰?な話
10巻に出てきた一日を繰り返す話のような、ちょっと変わったスタイルですすむ話。
正式タイトル「犯人をさがせ容疑者ともお」(雑誌掲載時は人物(=容疑者)紹介欄)と最後の数コマを読んで、なるほどと合点がいく感じが良い。

・くるくる回す青戸さんの話
アトラクション化する青戸さんw
初登場時は美人(?)だけどアホな高校生のお姉さんってだけだったのに、最近キャラが立ちすぎだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/555-192a1962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad