ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫才の大会が開かれた

今日明日のブログや掲示板に溢れかえるであろう素人の寸評の一つ。
ネタバレあり

司会…今田耕司:鉄板。これだけでも見る価値ありだと思う。
ダイアン:しゃべくり漫才。面白くなるまで長かった。
笑い飯:またどうせいつもどおりなんだろうと思いきや、「おまえいつも変わってくれるもんな」など定番のWボケを逆手に取るとは。2本目はどんなのを用意してたのか気になった。
3位から落ちる時の「思うてたんと違う!!!!!」で一番笑った。
モンスターエンジン:仁鶴師匠のモノマネが面白いというのと、神々コントしか知らない。漫才は初めて見た。コント漫才。
ナイツ:下馬評では有力視されたコンビ。しゃべくり漫才。畳み掛けるボケ。つっこみもうまい。
U字工事:しゃべくり漫才。出身地ネタなら「デスペラード」というコンビの方が好きだ。ボケがイラン出身。
ザ・パンチ:ネタよりもテロップで出てたキャッチコピー「ラストチャッチャチャーンス」が面白かった。
NON STYLE:上手い。しみじみと上手いなぁ…と思ってしまい爆笑しきれず消化不良。しかし、今大会での優勝は妥当であろう。
キングコング:デビュー当時から超速いテンポが持ち味であり、それは私にとっては聞きづらいものであった。ところが、今回は彼らにとってはかなり抑え気味のテンポ。昨年より、というか今までで一番聞きやすかった。
聞きやすくなれば私も面白いと感じられるようになるんだと思っていたのだが…。
オードリー:嫌いじゃないけど、M1優勝は似合わないだろう。

今年はコント漫才が少なめだったように感じた。

例年のように千鳥が「なんでM1の大舞台でそんなネタするの?」みたいなネタをやってすべるのが見たかった。あの状況がツボなんだ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/573-c82a9506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。