ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「団地ともお13巻」感想

団地ともお 13 (13) (ビッグコミックス)団地ともお 13 (13) (ビッグコミックス)
(2009/01/30)
小田 扉

商品詳細を見る


帯によると、この13巻とこれから発売されるマル被警察24時+、前夜祭1巻を全部買って応募券を送ると小田扉グッズが当たるらしい。前夜祭は出版社が違うのにこんなのできるんだ。
残念賞の「送っても邪魔にならない程度の私物」が気になる。


感想は続きから
いい話だなーってオチがいつもより多く感じた。
あと、この巻は「枝島町」ってタイトルでもいいくらい「ともお」以外にスポットが当たることが増えている気がした。まぁ前からその傾向はあったけど。

では、いつもどおり何話か抜き出して、もはや感想ではなくメモ的なひとこと。

・巨乳のばあちゃんが走る話
いい話。全てを知っていながら走り続けるばあちゃん、かっこいい。

・新キャラ高砂の話
最後のコマで高砂さんに抱えられているともおがかわいい。
高砂さんもいいキャラだが、この話の熱血が良かった。
暑苦しくクラスメイトをグラウンドに誘うも、どうせ誰もついてこないことは分かってるので一人屋上にむかうとか、可笑しいような切ないような色んな気持ちになれる。
こういうところがこの漫画の好きな部分の一つだな。

・いつもとは一味違うぞともお
12巻の作文を書いたのは誰だ?っていう話とタイプは似てる。

・落とし穴と吉本の秘めたる才能の話
吉本絡みの話にハズレなし。

・父さんと母さんと姉ちゃんのケンカをともおが仲裁…できるわけない話
ともおがウエハースって言えなくて「ウエスハー」っていうのかわいいな。
オチ笑った。父さんはいつもこんな役回りだな

・ともおの一人旅をサポートする母さんの話
母さんはともおのこと理解しすぎ。
居眠りするともおをお兄さんがかかえてアミダ駅におろす所がいいねー。

・カキ氷を売り歩く少年少女の話
前後編と銘打ってあるのは初かな?「団地」成分も「ともお」成分も薄い話。

・ともおはジャンプが取り柄だよ、な話
この巻に収録されている話にはいつもより大目にジャンプのシーンが挿入されていたように思う。
伏線?
面白いのとオチがちょっと良い話な感じの配分がちょうどよくて好きな話だ。

・おそろい軍団の話
団地ともおらしい話だな、と。
ぬけがけしようとする吉本につっこむみんなの心の声、もはや定番になりつつある〆は青戸さんというオチ。良かった。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/584-4e98b9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。