ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新装版「マル被警察24時+(小田扉)」の感想及び旧版との違い

小田扉フェア第2弾。新装版になったマル被警察24時です。
(第1弾:団地ともお13巻、第3弾:前夜祭、3冊買えば小田扉グッズが…)

新版
マル被+
マル被警察24時+ (IKKI COMIX)
(2009/02/25)
小田 扉

商品詳細を見る


旧版
被警察24時 (マンサンコミックス)被警察24時 (マンサンコミックス)
(2002/12)
小田 扉

商品詳細を見る



【旧→新の変更部分】
・表紙・中表紙書き下ろし
・カラーページ増加(第1話、第25話)
・追加収録作5話(マル被警察+:1話、その他の短編:4話)
・値段(旧:定価1000円→新:619円)
・出版社(旧:実業之友社→新:小学館)
・サイズ(旧:大判→新:スピリッツのコミックと同サイズ)
---

旧版を持ってない方にはかなりお得な仕様です。
旧版を持っている方には追加収録の短編(25ページくらい)が購入の決め手かと思われます。
追加収録作のうち4話は過去に「IKKI」「格闘チャンピオン」「週間少年マガジン」「ビックコミックビジネス」に掲載されたもの。残り1話は非商業誌(赤い牙)収録。結構レア?

そういえば、このブログでこの作品の感想は書いたことがなかったですね。
何度も読んでいるので今さら感想を書くのは難しいですが、今回改めて再読してみても面白かったです。
詳しくはネタバレになるので続きから。
1話完結の小田扉的ギャグ満載の話が次第にシリアスな続きものへと変貌するので、1作品で二度おいしい。
42話の「漫画に注釈をつける」というのは今見ても斬新。

追加収録のものもどれも面白かったですが、一番好きなのは「凶器カタログ’04」かな。
覆面レスラーの“鳥人間”が痛そうに見えて痛くない攻撃ができる凶器を求めるお話です。

団地ともおが長期連載になっているので、たまに短編をまとめて読むと新鮮で面白い。
もっと短編集が欲しいです。
でも、次の単行本「前夜祭」は続き物なんだ…
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/587-c715170f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。