ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団地ともお13集で気になったこと

団地ともお13集で「熱血」がクラスメートをサッカーに暑苦しく誘った直後のシーン。
↓のコマについて。
熱血2(「熱血」=ボール持ってる人)

初見のときに、あまり小田扉っぽくないなぁと違和感を感じた。
嫌悪感情をはっきりと言葉にしている、しかも陰口っていうのはあまりないなぁ、と。
さらに顔は真っ黒に塗りつぶされているし、目つきは鋭いし。
いつもはもっとマイルドに、せいぜい心の声で(暑苦しいなー…)って言わせる程度なのに、このコマは妙にきつくて生々しい。
「熱血」が周りからやや浮いているのは描かれてきていたけど、この漫画の人たちはそんなところがある人が多く、それが個性であり、笑えるネタなわけで。
「熱血」がクラスメートからここまで冷ややかな目で見られているとは思わなかった。

ただ、このコマがあるからこその次のコマ(下の画像)だとも思う。
熱血3

哀しくもあり、可笑しくもあり。



ほんの1コマに考えすぎたろうか。
単に「熱血」の立場に内心共鳴する所があって、それで気になっただけかもしれないな。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/06/01(月) 00:26:20 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

はじめまして

非公開コメントに公開で返すことをお許しください。他に方法が思いつかなかったもので。

「熱血」というあだ名で、熱血な言動をして、最終的にはネガティブな行動に収束するところが小田扉的だと思いました。彼の予想外な行動によって、面白さと切なさが同時に湧いてくる、という。
小田扉のキャラの多くは必ず何か欠点を持っていて、それを自覚して悩んでいることが多いと思います。キャラクターとして若干浮き気味の「熱血」もその中の一人だったんだな、と改めて感じるシーンでした。

高砂さんのポーズは私も手を傷めて抑えていると思っていました。他には手が疲れたのでストレッチをしているのかな、と。
こういった細かい書き込みが多いのも良いところですよね。

  • 2009/06/02(火) 20:37:00 |
  • URL |
  • ゆと #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/06/04(木) 18:51:49 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/612-864d9f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。