ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アオイホノオ(島本和彦)感想。長文になった。

ヤンサンからゲッサンに移って新章始動の「アオイホノオ」。
現在発売中の1・2巻はヤンサン掲載分までなので、今から買って読んでゲッサン創刊号から続きを読むと良い感じ。
アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る


島本和彦について、「熱血漫画を書く人」「吼えろペン」「某ゲームのキャラクターデザイン及び一部作詞」などの知識はあったもの、島本漫画を実際に読んだのは「アオイホノオ」が初めて。
島本的ギャグが滅法面白い。なぜ今まで読んでいなかったのか後悔した。

島本先生の漫画家生活を元に描かれた過去作、「吼えろペン」。それに対して「アオイホノオ」は学生時代を元に描かれたものである。
おそらく「吼えろ」よりも「アオイホノオ」の方が脚色が抑えられている…と思う。「吼えろ」がかなり破天荒な漫画家を描いているのに対し、「アオイホノオ」の方はモラトリアム真っ只中の学生を描いているので、その印象の差もあるだろう。
そう、この漫画を短く説明するなら、「熱血モラトリアム」だ。「熱血」と「モラトリアム」。一見相反する状態だが、島本作品では熱く大げさに物事が描かれるのが常だ(たった2作品しか読んでないけど)。「モラトリアム」も例外ではない。

「アオイホノオ」では「自分は天才だから描けば漫画家になれる!でも、青春が大事だから今は描かない!」と思っている主人公が、上から目線で実在の人気漫画家を批評してみたり、芸大の才能ある人々や漫画界の新人の台頭を目の当たりにしてショックを受けたり、根拠のない自信で精神の安定を保とうとしたりする。クリエイターになろうとする若者の若気の至りが、無駄に熱く、大げさに描かれている。
第一話で、原稿用紙に枠線を引くのが難しかったことに
「プロのしきいは… 意外と高いぜ!!」
とショックを受けるシーンはその一例である。

また、この作品にはエヴァンゲリオンの庵野秀明監督(芸大の同窓生)を始め、有名なクリエイター、漫画家が実名でたくさん登場するのも特徴となっている。「吼えろ」では実在の漫画家は登場するが、実名ではなかった。
これも脚色が抑えられている、と感じた理由だ。
現在有名になっている人の学生時代や、その時代に存在した漫画やアニメの話など、当時の状況がいろいろと描かれていて興味深い。

ゲッサンの新章からは漫画の持込みの話になるようだ。
これから主人公がどうなっていくか楽しみだ。

あと、ヒロインのトンコさんが大変かわいい。見た目も性格もかなりいいキャラだと思う。ヒロインといっても恋人ではない微妙な関係で、その辺りの描写も好きだ。


---
―ついでに。
「アオイホノオ」とは関係ないが、島本和彦で検索したらこんな動画があった。

炎の転校生主題歌
作詞・作曲:島本和彦 編曲:田中公平 歌:島本和彦

この原作者本人が歌うバージョンは、実際のアニメでは使われていないらしい。
アニメに使われた通常版は主人公役の人が歌っている(参考:通常版@youtube)。通常版の方が明らかに巧いし熱くもあるのだが、なぜか島本版の方ばかりリピートしてしまう。不思議な魅力である。歌の動画なのに「wwwwww」ってコメントがついているのもその魅力がなせる技だろう。

因みに、この作詞作曲の裏話は「燃えよペン」で読める。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/613-43abe96d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。