ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「しょんぼり温泉2巻」感想

しょんぼり温泉 2 (ジャンプコミックス)しょんぼり温泉 2 (ジャンプコミックス)
(2012/03/02)
小田 扉

商品詳細を見る


ひなびた温泉街のお話2巻目。
帯に「ゆるふわコメディの名手」って書いてある。
小田扉先生の漫画はいつも形容することばに迷うのだけど、「ゆるふわ」かー。なるほど。

一番好きな話は「チップで儲けよう」。
10年前に子供を亡くした外人のおじさん(ダディ)とタカ坊の交流を描いた素敵な話だなぁと目を潤ませながら読んでたら最後のオチに大いに笑った。
ピチピチのカーディガンを着たおじさんでもう可笑しいのに、「けっこう近かったんだー!」で完全にとどめを刺されました。
読んだ後、「すげーwwww」って声がでるくらい。
このストーリーでこんな終わり方は予想外というか、小田扉先生らしいというか。
気持ちがいいオチでした。

キャラクターではしょうこさんがツボ。かわいい。一人称「あたい」だし靴踏んでるし笑顔は怒ってるし。かわいい。

しかし、いろんな話がつまってて面白いですねぇ。
町が中心な分、「団地ともお」より自由度が高いように感じました。

最後の話が「最終話」って書いてあるってことはもうこれで終わりなのかな?もったいないなぁ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/677-b14d7a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。