ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「団地ともお」第30回

・ハラペコより大事だぜともお(第6集より)
姉ちゃんがともおを箱に押し込んでるシーンが面白かったです。原作にはない追加シーンでした。
間さんがコンビニで働き始めた話はアニメではやっていないので、軽く説明的な会話が入っていました。

・笑い死にさせる気かよともお(第5集より)
アニメのスレでも同じことを思った方がいたみたいですが、小話の「うんこ」が「パンツ」に変更されてて、あ、うんこダメなんだって思ってたら、後半で普通にうんこ連呼してたので、最初の改変はなんだったんだろうという感じです。
オチも吉本が笑われるものから拍手を受けるという全然違うものに。
原作は、吉本が安易な下ネタで笑いをとることに否定的で、いろいろ考えすぎるくらい考えてて、それなのに結局最後に予期せぬところでうんこで笑いをとってしまうという構成のお話です。改変によってまとまりがなくなってしまったように感じました。

ともおのアザラシのマネは動きと声がついてより面白かったので、そこはよかったです。
関連記事

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/724-1b4f0068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。