ゆーとびら!

小田扉先生ファンのブログ。漫画の感想や普通の日記など。まったり更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンプラを初見で観た人がどうなったか観測してみた

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-(以下キンプラ)を、前知識なく初見で見た人がどうなったか、観測してみました。
結論としては、「みんなハッピーになった」です。※サンプル数4名(男性1名、女性3名)

キンプラとは、昨年応援上映が話題になり、最終的に興行収入8億を記録したKING OF PRISM by PrettyRhythm(以下キンプリ)の続編作品です。ちなみにキンプリはテレビシリーズ、プリティーリズムレインボーライブ(女児向けアニメ)の男性キャラのスピンオフ作品です。
この時点で、「キンプラ初見」のハードルは高いように感じますが、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの1作目を観ずに、リミックス(実質続編)を観に行って楽しめた私からすると、似たような感じで楽しめるんじゃないかと思います。
なにせエンターがテインメントしているというか、かなり限界突破のエンタメ作品なので。

私は前作のキンプリも原作のシリーズも観ているので、実際にキンプラのみを初見で見た方の反応を書いていきたいと思います。


ケース1:彼女に劇場にむりやり連れてこられたと思われる男性
ある日の観劇後、私の前を歩いていたカップルの男性がなにやら興奮気味に彼女に問いかけていました。※以下ネタバレを含むので一部伏せ字

彼氏「ねぇ!アレク(ムキムキの強い敵キャラ)って、前回も○○を××したの!?」
彼女「え、してない。してないけど、バトルはしたよ」
彼氏「そうなの!アレク…!アレクすごかったね!」

彼は完全にヒーローを見た少年のようなテンションでした。
アレク、いいよね。うん。
というか、前作を見せずに新作をむりやり見せに来た彼女の采配がすごい。これが世に言うプリズム拉致か…。
完全に洗脳に成功しています。彼女には是非とも彼氏さんに前作のキンプリを見せて上げて欲しい…・。

ケース2:フォロワーさんたちの感想
タイムラインで私を含めたキンプリエリート(宗教の信者みたいなものだと思ってください)が、あまりにもキンプラキンプラ言うため、観に行ってしまった方が3名いました。鍵垢の方もいるので、引用貼り付けはいたしませんが、簡単に感想をまとめると、

「なんだか分からないけどすごかった!面白かった!」
「元気になった!」
「肩こりが治った!」

…なんだか怪しい健康食品の宣伝みたいなコメントの人がいますが原文ママです。
肩こりが治った彼女は完全に脳をやられてしまったのでしょう。上映最速終了地域(前作は上映すらしてないから仕方ないね)にもかかわらず、滑り込みで2回目のキンプラをキメていました。これは重症化の手前ですね。上映が終了していなかったら完全にやばいパターンです。


---
と、いうわけで、極めてサンプル数が少ないものの、キンプラは予備知識なしでも楽しめるのでは…と思いました。
もちろん合わない人は合わないので、参考程度にしていただければと思います。

で、私が思ったことなんですが、

「完全にキンプリ関連の記憶を消してキンプラを観たい!」

ということです。
初見の方々の反応は、私が原作のプリティーリズムを全く知らずに前作キンプリを観に行ったときの反応に酷似しています。
(※前作の感想

キンプリ及び原作のプリティーリズムを全て鑑賞し、また制作陣に異常な思い入れを持ってしまった私は、キンプラを初めて観たときにひたすら号泣してしまいました。
キンプラにはすごく笑えるシーンや、もはやツッコむことがバカらしくなるほどツッコミどころがたくさんあるのですが、それらが視覚に入ってくるものの、感動やいろんな想いが上回ってしまって号泣してしまったのです。
ですから、完全にピュアな気持ちでキンプラを観れる人がとてもうらやましい。私はあの頃に戻れない…。

そして、50回以上劇場に通った今でも冷静に感想を書くことができない…。
そのため、初見の方の反応を書くことで、キンプラを観ることをためらっている人に「大丈夫だよ。続編作品だからって怖がらなくていいよ…」という想いを込めてこの記事を書いています。

また、「イケメンがたくさん出てくる女性向け作品でしょ?」などと思っている人がいたら、それは大きな間違いだと訂正したい。
キンプラのターゲットは30歳以上の男性だと私は思っています。監督も疲れ気味の20代~30代の男性に観て欲しいと仰っていました。
現に前作の時よりも男性のお客さんが多いような気がします。

キンプラのあるシーンには魔神英雄伝ワタル魔動王グランゾートのオマージュがふんだんに詰め込まれています。
これらの作品を見たことがある男性は心躍るシーンがあります。
ワタルにめちゃくちゃハマっていた私が言うのだから間違いありません。
監督は元々サンライズの男性向けアニメ畑の人でした。本当は前作の時点でオシャレアニメにしたかったらしいですが、向いてなかったみたいです。無理しないで正解。

解き放たれた監督の才能(演出も脚本も監督の別名義)あふれるキチガイ映像(褒めています)は圧巻です。
前作のキンプリの時点で「電子ドラッグ」と称されていましたが、キンプラは前作を遙かに超えて「違法ドラッグじゃないのか?」と思われるほど頭がおかしい映像が盛りだくさんです。盛りすぎです。

初見の方々は楽しんでらっしゃって健康面にプラスの影響が出ていますが、キンプリエリートたちはそのあまりのぶっ飛びすぎた映像と詰め込まれすぎた情報量に頭痛や体調不良を訴える事態が起きています。そして、それでも再三映画館に通わないと「プリズムの煌めきが切れた…」「地球の色を確認しないと…」などと意味不明なことを口走る羽目になるのです。
なんという危険な映像を世に流してしまったのでしょう。これはアニメ史はおろか、映画史に残る作品なのでは…と私個人は思っています。なぜ誰も規制しないのか不思議でなりません(褒めています)。

なんか熱くなってしまいましたが、こうやって頭がいかれた上に熱くなってしまうため、キンプリエリートの勧誘がやばい、怖いと思っている方も少なからずいらっしゃるようです。
分かります。分かりますけれども、それをキンプラを観ない理由にするのは勿体ないんです。

キンプリを観てないからこそキンプラをめちゃくちゃ楽しめる、そこのあなた!ぜひキンプラを観に行きましょう!

一律1600円。映画の日もレディースデーも関係ないのでタイミングを測る必要はありません。いつでも1600円です。

いやいや、金を払いたくないな…という方はdアニメストアで初月無料で前作キンプリが観れます。
60分です。短い!そして体感時間は5分くらいです。
キンプラも69分です。短い!でも体感時間は5時間くらいあります。
何を言ってるか分からないと思いますが、これに関しては実際に観てくださいとしか言えません。

白熱してしまって申し訳ないですが、この記事をみて、キンプラ、キンプリに興味を持っていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yutobira.blog15.fc2.com/tb.php/766-20c410c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。